visual items

[ OIL ON CANVAS ]  JAPAN (VHS,Beta,LD,VHD)

OIL ON CANVAS (VHS) / JAPAN

1983/––/–– UK,JAPAN(TOEI)
1992/––/–– JAPAN(VAP)    

  1. (OVERTURE)BURNING BRIDGES
  2. SONS OF PIONEERS
  3. GENTLEMEN TAKE POLAROIDS
  4. SWING
  5. CANTONESE BOY
  6. VISIONS OF CHINA
  7. CANTON
  8. GHOSTS
  9. METHODS OF DANCE
  10. STILL LIFE IN MOBILE HOMES
  11. ART OF PARTIES

Film Director (Uncredited) ;
Tony Lawson

Live From Hammersmith Odeon, in 1982

color, stereo, 55minutes

「 ジャパン・ラスト・ライブ
~オイル・オン・キャンバス 」  ジャパン
  • 1983年(英国盤、日本盤-東映ビデオ)
  • 1992年(日本盤-バップ再発売)

ライヴ映像、60分。 1983年、東映ビデオから発売された頃は13.500円してました。 まだまだビデオなるものはブルジョア・アイテムだったのです。 当時のビデオソフトとはそういうものでした(泣)

例えば、ビデオデッキが、30万円。 映画のソフトが18.000円。60分の空テープが3.000円。 レンタルの入会費が、5.000円。レンタル料が、1.000円。 …という、今では考えられない高額だったのです。

東映ビデオ版には、オマケとして、 ジャケットと同デザインのメモ帳が付いていました。 不可思議なオマケだなとは思います。。。

画像は1992年バップから発売の4.800円のアイテム。

音版の「オイル・オン~」でも触れましたが、 やはり、「ナイトポーター」は録音(録画)トラブルがあったんでしょうね。 この映像版には収録されていません。

  1. (オーヴァーチュア)バーニング・ブリッジス
  2. サンズ・オブ・パイオニアーズ
  3. 孤独な影
  4. スウィング
  5. カントニーズ・ボーイ
  6. ヴィジョンズ・オブ・チャイナ
  7. カントン
  8. ゴウスツ
  9. メソッズ・オブ・ダンス
  10. スティル・ライフ・イン・モウビル・ホームズ
  11. アート・オブ・パーティーズ

JAPAN with Masami Tsuchiya

JAPAN with Masami Tsuchiya

[OIL ON CANVAS]  VHS

JAPAN with Masami Tsuchiya

YouTube

top of page

[ INSTANT PICTURES ]  JAPAN (VHS,Beta,LD,VHD)

INSTANT PICTURES (LD) / JAPAN

1984/––/–– UK,JAPAN

  1. GENTLEMEN TAKE POLAROIDS
  2. CANTONESE BOY
  3. SWING
  4. STILL LIFE IN MOBILE HOMES
  1. NIGHTPORTER
  2. CANTON
  3. VISIONS OF CHINA

Performed by
David Sylvian,
Masami Tsuchiya,
Mick Karn,
Richard Barbieri,
Rob Dean,
Steve Jansen

color, stereo, 30minutes

「孤独な影」  ジャパン
  • 1984年(日本盤、英国盤)

ヴァージン時代のプロモーション・ビデオ作品。 画像はレーザーディスク版。  (まぼろしのVHD盤もありました。) 30分収録、3.800円 日本盤のオビのコピーには、 「限りない美しさの中に残された最後の情景」と。

ビデオ・カセットにおけるVHS陣営と、 ベータ陣営のように パイオニアを筆頭にしたLDD(レーザーディスク)と、 ビクターを筆頭にしたVHDという ビデオ・ディスクにも2大陣営があった。

非接触式のLDに比べ、接触式のVHDは、 磨耗による寿命があることに加え、 ソフトの数でも勝るLDが シェアにおいて優位に立つことになった。

ジャパンの日本でのソフトの発売元は、 ビクター音楽産業だったためか 映像作品は、VHDでもリリースされていた。

  1. 孤独な影
  2. カントニーズ・ボーイ
  3. スウィング
  4. スティル・ライフ・イン・モウビル・ホームズ
  1. ナイトポーター
  2. カントン
  3. ヴィジョンズ・オブ・チャイナ

JAPAN with Masami Tsuchiya

JAPAN with Masami Tsuchiya

YouTube

[ PROMOTIONAL VIDEOS ]

Swing

Nightporter

top of page

[ JAPAN VIDEO HITS ]  JAPAN (DVD)

「JAPAN VIDEO HITS」 (DVD)

2001/07/25
japan only

  1. DON'T RAIN ON MY PARADE
  2. ADOLESCENT SEX
  3. COMMUNIST CHINA
  4. SOMETIMES I FEEL SO LOW
  5. QUIET LIFE
  6. I SECOND THAT EMOTION

color, stereo, 21minutes

「JAPAN VIDEO HITS」  ジャパン
  • 2001年07月25日発売(日本盤のみ)

アリオラ時代のプロモーション・ビデオ作品。 DVDでBMGファンハウス発売。 21分収録、3.800円。

「INSTANT PICTURES」の項で述べたように、 VHDは、LDにシェアで負けてしまうが、 よりコンパクトで、情報量も多く低価格なVHDの登場で、 LDも姿を消していってしまう。

そんな時代の中、ジャパン映像で初のDVDは、 それまで商品化されていなかった アりオラ時代のアイテムだった。 現在、それらの映像も、 UPGRADESと呼ばれるシリーズの ボーナス映像でも観る事ができる。

  1. パレードに雨を降らせないで
  2. 果てしなき反抗
  3. コミュニスト・チャイナ
  4. 孤独なやすらぎ
  5. クワイエット・ライフ
  6. セカンド・ザット・エモーション

MARKET - 購入サイト

[ amazon で購入 ]
 (DVD、日本盤)

JAPAN ビデオ・ヒッツ (DVD)

YouTube

[ PROMOTIONAL VIDEOS ]

Don't Rain On My Parade

Quiet Life

top of page

[ JAPAN / THE VERY BEST OF ]  JAPAN (DVD)

THE VERY BEST OF JAPAN

2006/03/29 UK    
2006/05/17 JAPAN

PROMOTIONAL VIDEOS :

  1. LIFE IN TOKYO
  2. QUIET LIFE
  3. I SECOND THAT EMOTION
  4. GENTLEMEN TAKE POLAROIDS
  5. SWING
  6. VISIONS OF CHINA
  7. NIGHT PORTER

OIL ON CANVAS (LIVE) :

  1. (OVERTURE)BURNING BRIDGES
  2. SONS OF PIONEERS
  3. GENTLEMEN TAKE POLAROIDS
  4. SWING
  5. CANTONESE BOY
  6. VISIONS OF CHINA
  7. CANTON
  8. GHOSTS
  9. METHODS OF DANCE
  10. STILL LIFE IN MOBILE HOMES
  11. ART OF PARTIES
  12. VOICES RAISED IN WELCOME, HANDS HELD IN PRAYER (END CREDIT)

color, stereo, 84minutes

「 ザ・ヴェリー・ベスト・オブ 」 ジャパン
  • 2006年03月29日(英国盤)
  • 2006年05月17日(日本盤)

アリオラ時代のプロモ3曲、ヴァージン時代4曲、 さらにライヴ「オイル・オン・キャンバス」を収録。84分。 ヴァージン時代の映像は、初DVD化。

「オイル・オン・キャンバス」が一曲増えたように見えるが、 実際は、エンド・ロールに流れる「歓迎の叫び、祈りの手」 のクレジットが追加記述されただけ。

過去に発売されたクリップ集 「孤独な影」収録の「CANTON」「CANTONESE BOY」 「STILL LIFE IN MOBILE HOMES」が未収録。 …でも、この3曲は元々ライブ映像を中心にしたものなので、 ある程度、意図的な未収録だと思います。 (※「オイル・オン・キャンバス」収録の映像とは、 挿入される中国などの映像が微妙に異なる)

プロモーション・ビデオ :

  1. ライフ・イン・トウキョウ
  2. クワイエット・ライフ
  3. セカンド・ザット・エモーション
  4. 孤独な影
  5. スウィング
  6. ヴィジョンズ・オブ・チャイナ
  7. ナイト・ポーター

オイル・オン・キャンバス (ライブ) :

  1. (序章)バーニング・ブリッジス
  2. サンズ・オブ・パイオニアーズ
  3. 孤独な影
  4. スウィング
  5. カントニーズ・ボーイ
  6. ヴィジョンズ・オブ・チャイナ
  7. カントン
  8. ゴウスツ
  9. メソッズ・オブ・ダンス
  10. スティル・ライフ・イン・モウビル・ホームズ
  11. ジ・アート・オブ・パーティーズ
  12. 歓迎の叫び、祈りの手(※エンド・クレジット)

MARKET - 購入サイト

[ amazon で購入 ]
 (DVD、輸入盤)

The Very Best Of [DVD] [Import]

[ amazon で購入 ]
 (DVD、日本盤)

ザ・ヴェリー・ベスト・オブ

top of page

tribute and cover

[ A TRIBUTE TO JAPAN : LIFE IN TOKYO ]  VARIOUS ARTISTS

a tribute to jAPAN : Life in Tokyo

1996/09/04
japan only

  1. LIFE IN TOKYO
    ( KYO& ALIEN's STRIPPER )
  2. AUTOMATIC GUN
    ( Scudelia Elictro )
  3. AIN'T THAT PECULIAR
    ( 藤井麻輝 / RYUICHI )
  4. THE EXPERIENCE OF SWIMMING
    ( Le Fou )
  5. FALL IN LOVE WITH ME
    ( SUICIDE )
  6. QUIET LIFE
    ( SUGIZO )
  7. SONS OF PIONEERS
    ( R.H.D.)
  8. COMMUNIST CHINA
    ( バーニングファイヤー featuring SHOTA )
  9. VISIONS OF CHINA
    ( 土屋昌巳 )
  10. NIGHTPORTER
    ( TORRID )

Total Produced by
市川哲史(音楽と人)

It's not a performance by
JAPAN (U.K. rock band)

「 ライフ・イン・トウキョウ
/ JAPAN・トリビュート・アルバム 」
  • 1996年09月04日発売(日本盤のみ)

日本のアーティストによる、トリビュート・アルバム。 アルバム・プロデュースは、市川哲史(音楽と人)。 共同プロデュース、吉沢博美 (BMG Victor)。

[ 参加アーティスト ]

  1. kyo、ALIEN's STRIPPER
    (佐野昌樹、吉井隆博、"CRAZY" COOL-JOE、MAHITO、MARO)
  2. Scudelia Elictro
    (石田小吉、吉澤瑛師、寺田康彦、向山テツ)
  3. 藤井麻輝、RYUICHI(河村隆一)、藤田タカシ、横山和俊
  4. Le Fou (SUGIZO、d-kikU、NORIKO[Dream Dolphin])
  5. SUICIDE
    (ISSAY[DER ZIBET]、森岡賢、
    TATSU[LA-PPISCH]、藤田タカシ、草間敬、楠均)
  6. SUGIZO、d-kiku
  7. R.H.D.(RYUICHI, HIROKI[media youth], d-kiku)
  8. バーニングファイヤー featuring SHOTA
    (田村直美、KEN、友田真吾、中村KOMETARO)
  9. MASAMI TSUCHIYA, KIM MORRISON, ROGER BEAUJOLAS
  10. TORRID
    (藤井麻輝、渡真利愛、藤田タカシ、寺谷誠一、横山和俊)

MARKET - 購入サイト

[ amazon で購入 ]
 (日本盤)

LIFE IN TOKYO-a tribute to Japan

top of page

[ Re-Fashioned 2: British Airwaves ]
  Various Artists in Australia (Cover Album)

British Airwaves

2004/––/–– Australia

  • track.01
    ghosts [ japan ]
      YUM CHA SESSIONS
      feat WDB
  • track.18
    forbidden colours
    [sylvian + sakamoto]
      DON MEERS

It's not a performance by JAPAN (U.K. rock band)

19 UK CLASSICS REMODELLED
  BY AN ALL AUSTRALIAN CAST
  • 2004年 豪州盤:Groovescooter   GS-010

2004年、オーストラリアのミュージシャンが、 80年代のイギリスのアーティストをトリビュート。 ジャパンの「ゴウスツ」を、 YUM CHA SESSIONS feat WDB がカヴァー。 ヴォーカルは、GOTYE(ゴティエ)。 さらに、デヴィッドと教授の「禁じられた色彩」を Don Meers がカヴァー。

"Thank you, Pete ! Good instruction !"

LINK - 関連サイト

top of page

[ DA YA THINK I'M SEXY ? ]  RIO

Da Ya Think I'm Sexy?
[reguler]

Da Ya Think I'm Sexy?
[limited A]

Da Ya Think I'm Sexy?
[limited B]

2013/12/04 JAPAN

  • track.02
    The Unconventional
    [ japan cover ]
  • track.05
    The Unconventional
    (KNOXX Remix)[ japan cover ]

It's not a performance by JAPAN (U.K. rock band)

「アイム・セクシー」  RIO
  • 2013年12月04日発売(日本盤のみ)

AV女優のRio(柚木ティナ)が、恵比寿マスカッツ解散後、 アーティスト名RIOでリリースしたデビューシングル。 タイトル曲は、ロッド・スチュワートのカバー。

2曲目は、ジャパンの日本での初シングルでもある「奇しい絆」。 エレクトロダンス・チューンにアレンジされていて、 知らずに聴いたら、原曲に気づかないかも。 しかし、こういうアプローチも可能なメロディであることに再発見。

3曲目は、本人主演映画「9 3/4」主題歌「Say you love me」。 さらに、1、2曲目のリミックスを収録。 初回盤Aは「アイム・セクシー」「Say you love me」のMV収録のDVDが、 初回盤Bは、「奇しい絆」MVとアイム・セクシー」のメイキング収録のDVDが付属する。

  • The Unconventional(JAPAN cover) / RIO

LINK - 関連サイト

MARKET - 購入サイト

[ amazonで購入 ](日本盤)

通常盤 限定A 限定B

top of page

compilation album for japan

[ JAPAN : BEST SELECTION ]  JAPAN

JAPAN BEST SELECTION

1994/07/06
japan only

  1. DON'T RAIN ON MY PARADE
  2. ADDLESCENT SEX
  3. THE UNCONVENTIONAL
  4. COMMUNIST CHINA
  5. STATE LINE
  6. DEVIATION
  7. SOMETIMES I FEEL SO LOW
  8. FALL IN LOVE WITH ME
  9. ALL TOMORROW'S PARTIES
  10. QUIET LIFE
  11. EUROPEAN SON
  12. LIFE IN TOKYO
  13. I SECOND THAT EMOTION
  14. DEVIATION (live version)
  15. OBSCURE ALTERNATIVES
    (live version)
  16. IN VOGUE (live version)
  17. SOMETIMES I FEEL SO LOW
    (live version)
「 JAPAN ベスト・セレクション 」
  • 1994年07月06日発売(日本盤のみ)

BMGビクターの”SOUNDS GOOD”シリーズ。 アリオラ時代の代表曲13曲と、 ドイツ盤「LIVE IN JAPAN」の4曲を収録。 リリース時は、「孤独な安らぎ」ライブ版が目玉。

  1. パレードに雨を降らせないで
  2. 果てしなき反抗
  3. アンコンヴェンショナル
  4. コミュニスト・チャイナ
  5. ステイト・ライン
  6. ディヴィエイション
  7. 孤独な安らぎ
  8. フォール・イン・ラヴ・ウィズ・ミー
  9. オール・トゥモロウズ・パーティーズ
  10. クワイエット・ライフ
  11. ヨーロピアン・サン
  12. ライフ・イン・トウキョウ
  13. セカンド・ザット・エモーション
  14. ディヴィエイション(ライヴ・ヴァージョン)
  15. 苦悩の旋律(ライヴ・ヴァージョン)
  16. イン・ヴォーグ(ライヴ・ヴァージョン)
  17. 孤独な安らぎ(ライヴ・ヴァージョン)

MARKET - 購入サイト

[ amazon で購入 ]
 (日本盤)

BEST SELECTION

top of page

[ THE SINGLES ]  JAPAN

The Singles japan only

1996/09/04
japan only

Disc.1

  1. DON'T RAIN ON MY PARADE
  2. STATE LINE
  3. THE UNCONVENTIONAL
  4. ADDLISCENT SEX
  5. SOMETIMES I FEEL SO LOW
  6. LOVE IS INFECTIOUS
  7. LIFE IN TOKYO (short version)
  8. LIFE IN TOKYO (part 2)
  9. I SECOND THAT EMOTION
  10. QUIET LIFE
  11. LIFE IN TOKYO
  12. EUROPEAN SON
  13. QUIET LIFE
  14. A FOREIGN PLACE
  15. EUROPEAN SON
  16. ALIEN
  17. I SECOND THAT EMOTION
  18. HALLOWEEN

Disc.2

  1. LIFE IN TOKYO
  2. LIFE IN TOKYO (theme)
  3. ALL TOMORROW'S PARTIES
  4. IN VOGUE (live in tokyo)
  5. LIFE IN TOKYO
    (12' extended version)
  6. EUROPEAN SON (12' version)
  7. SOMETIMES I FEEL SO LOW
    (12' version)
  8. ADDLESCENT SEX
    (Re-recorded version)
  9. LIFE IN TOKYO (extended remix)
  10. LIFE IN TOKYO (12' theme)
  11. ALL TOMORROW'S PARTIES
    (1983 remix by Steve Nye)
  12. I SECOND THAT EMOTION
    (extended remix)
  13. HALLOWEEN (12' version)
  14. EUROPEAN SON
    (extended remix)
  15. QUIET LIFE (extended version)
  16. FALL IN LOVE WITH ME
    (12' version)
「 シングルズ 」  ジャパン
  • 1996年09月04日発売(日本盤のみ)

BMGビクターが、トリビュート・アルバムと同時に発売したベスト盤。 アリオラ時代の全シングルAB面の22曲と、 レア・ヴァージョン12曲を収録。

Disc.1

  1. パレードに雨を降らせないで
  2. ステイト・ライン
  3. アンコンヴェンショナル
  4. 果てしなき反抗
  5. 孤独な安らぎ
  6. ラヴ・イズ・インフェクシャス
  7. ライフ・イン・トウキョウ(ショート・ヴァージョン)
  8. ライフ・イン・トウキョウ(パート2)
  9. セカンド・ザット・エモーション
  10. クワイエット・ライフ
  11. ライフ・イン・トウキョウ
  12. ヨーロピアン・サン
  13. クワイエット・ライフ
  14. フォーリン・プレイス
  15. ヨーロピアン・サン
  16. 異邦人
  17. セカンド・ザット・エモーション
  18. ハロウィーン

Disc.2

  1. ライフ・イン・トウキョウ
  2. ライフ・イン・トウキョウ(テーマ)
  3. オール・トゥモロウズ・パーティズ
  4. イン・ヴォーグ(ライヴ・イン・トウキョウ)
  5. ライフ・イン・トウキョウ
    (12インチ・エクステンディッド・ヴァージョン)
  6. ヨーロピアン・サン(12インチ・ヴァージョン)
  7. 孤独な安らぎ
    (12インチ・ヴァージョン)
  8. 果てしなき反抗
    (リレコーディッド・ヴァージョン)
  9. ライフ・イン・トウキョウ
    (エクステンディッド・リミックス)
  10. ライフ・イン・トウキョウ(12インチ・テーマ)
  11. オール・トゥモロウズ・パーティズ
    (1983リミックス・バイ・スティーヴ・ナイ)
  12. セカンド・ザット・エモーション
    (エクステンディッド・リミックス)
  13. ハロウィーン(12インチ・ヴァージョン)
  14. ヨーロピアン・サン(エクステンディッド・リミックス)
  15. クワイエット・ライフ
    (エクステンディッド・ヴァージョン)
  16. フォール・イン・ラヴ・ウィズ・ミー
    (12インチ・ヴァージョン)

MARKET - 購入サイト

[ amazon で購入 ]
 (日本盤)

ジャパン / シングルズ(1996)

top of page

[ THE BEST OF JAPAN ]  JAPAN

THE BEST OF JAPAN

1998/11/21
japan only

  1. DON'T RAIN ON MY PARADE
  2. THE UNCONVENTIONAL
  3. LOVERS ON MAIN STREET
  4. TRANSMISSION
  5. I SECOND THAT EMOTION
    (extended remix)
  6. ALL TOMORROW'S PARTIES
    (1983remix by Steve Nye)
  7. ALIEN
  8. HALLOWEEN
  9. SURURBAN BERLIN
  10. LOVE IS INFECTIOUS
  11. DEVIATION
  12. FALL IN LOVE WITH ME
    (12' version)
  13. SOMETIMES I FEEL SO LOW
  14. ADDLESCENT SEX
  15. QUIET LIFE
  16. EUROPEAN SON
    (12' version)
  17. LIFE IN TOKY0
    (12' extended version)
「 JAPAN・ベスト 」  ジャパン
  • 1998年11月21日発売(日本盤のみ)

BMGジャパンの”ETERNAL BEST 70's”シリーズ。 アリオラ時代の代表曲14曲と、 代表的なリミックス3曲を収録。

  1. パレードに雨を降らせないで
  2. アンコンヴェンショナル
  3. 表通りの愛人達
  4. トランスミッション
  5. セカンド・ザット・エモーション
    (エクステンディッド・リミックス)
  6. オール・トゥモロウズ・パーティズ
    (1983リミックス・バイ・スティーヴ・ナイ)
  7. 異邦人
  8. ハロウィーン
  9. 郊外ベルリン
  10. ラヴ・イズ・インフェクシャス
  11. ディーヴィエイション
  12. フォール・イン・ラヴ・ウィズ・ミー(12'ヴァージョン)
  13. 孤独な安らぎ
  14. 果てしなき反抗
  15. クワイエット・ライフ
  16. ヨーロピアン・サン(12'ヴァージョン)
  17. ライフ・イン・トウキョウ
    (12'エクステンディッド・ヴァージョン)

MARKET - 購入サイト

[ amazon で購入 ]
 (日本盤)

The Best Of Japan (Eternal Best 70's)

top of page

[ THE BEST OF JAPAN ]  JAPAN

ベスト・オブ・JAPAN

2002/10/02
japan only

  1. ADDLESCENT SEX
    (Re-recorded version)
  2. THE UNCONVENTIONAL
  3. COMMUNIST CHINA
  4. AUTOMATIC GUN
  5. STATE LINE
  6. EUROPEAN SON
  7. I SECOND THAT EMOTION
  8. LIFE IN TOKYO
  9. QUIET LIFE
  10. FALL IN LOVE WITH ME
  11. DESPAIR
  12. THE OTHER SIDE OF LIFE
  13. A FOREIGN PLACE
  14. DEVIATION (live version)
  15. OBSCURE ALTERNATIVES
    (live version)
  16. IN VOGUE (live version)
  17. SOMETIMES I FEEL SO LOW
    (live version)
「 JAPAN・ベスト 」  ジャパン
  • 1998年11月21日発売(日本盤のみ)

BMGファンハウスの”BEST OF BEST”シリーズ。 アリオラ時代の代表曲12曲と、 リミックス1曲、ライブ版4曲を収録。 1曲目は、1980年カナダ盤「FIVE SONGS」、 ライブ版は、ドイツ盤「LIVE IN JAPAN」より。

  1. 果てしなき反抗(リ・レコーディッド・ヴァージョン)
  2. アンコンヴェンショナル
  3. コミュニスト・チャイナ
  4. オートマティック・ガン
  5. ステイト・ライン
  6. ヨーロピアン・サン
  7. セカンド・ザット・エモーション
  8. ライフ・イン・トウキョウ
  9. クワイエット・ライフ
  10. フォール・イン・ラヴ・ウィズ・ミー
  11. 絶望
  12. アザー・サイド・オブ・ライフ
  13. フォーリン・プレイス
  14. ディーヴィエイション(ライヴ・ヴァージョン)
  15. 苦悩の旋律(ライヴ・ヴァージョン)
  16. イン・ヴォーグ(ライヴ・ヴァージョン)
  17. 孤独な安らぎ(ライヴ・ヴァージョン)

MARKET - 購入サイト

[ amazon で購入 ]
 (日本盤)

The Best Of Japan (Best Of Best)

top of page

[ THE COLLECTION ]  JAPAN

ベスト・オブ・JAPAN

2009/07/27 UK    
2015/04/20 JAPAN

  1. QUIET LIFE
    (7" version)
  2. VISIONS OF CHINA
  3. GHOSTS
  4. I SECOND THAT EMOTION
  5. LIFE IN TOKYO
  6. EUROPEAN SON
  7. ALL TOMORROW'S PARTIES
    (7" version)
  8. ADOLESCENT SEX
  9. DON'T RAIN ON MY PARADE
  10. IN VOGUE
  11. THE UNCONVENTIONAL
  12. COMMUNIST CHINA
  13. SUBURBAN BERLIN
  14. HALLOWEEN
  15. LIFE IN TOKYO
    (12" version)
  16. ALL TOMORROW'S PARTIES
    (12" version)
「 コレクション 」  ジャパン
  • 2009年07月27日発売(英国盤/EU)
  • 2015年04月20日発売(日本盤・・・輸入盤に帯付)

格安で入手できる輸入盤ベストとして知られたアイテム。 これに簡素なオビを付けて廉価版として日本で販売。 ゲオでよく見かける MEGA BEST シリーズ。 日本盤といっても帯だけで、ジャケットも含め輸入盤です。

内容はアリオラ時代のベストだが、強引にヴァージン時代の2曲を収録している。 輸入盤時代からお手頃価格がウリで、アリオラ時代の入門版としては最適。

ヴァージン時代の名盤にしか触れてないファンが、 アリオラ時代の音に接するキッカケとしてはいいが、 本当にジャパン自体にはじめて触れる方が「これぞジャパン」とするには、 ヴァージン時代の音を知らずに通りすぎてしまうという危険をはらむ。 廉価版のほとんどがアリオラ時代のものが多いのが現状だが・・・。

  1. クワイエット・ライフ (7" version)
  2. ヴィジョンズ・オブ・チャイナ
  3. ゴウスツ
  4. セカンド・ザット・エモーション
  5. ライフ・イン・トウキョウ
  6. ヨーロピアン・サン
  7. オール・トゥモロウズ・パーティーズ (7" version)
  8. 果てしなき反抗
  9. パレードに雨を降らせないで
  10. イン・ヴォーグ
  11. 奇しい絆
  12. コミュニスト・チャイナ
  13. 郊外ベルリン
  14. ハロウィーン
  15. ライフ・イン・トウキョウ (12" version)
  16. オール・トゥモロウズ・パーティーズ (12" version)

MARKET - 購入サイト

[ amazon で購入 ]
 (輸入盤)

The Collection

[ HMV で購入 ]
 (輸入盤)

Japan/Collection

[ HMV で購入 ]
 (日本盤)

コレクション icon

[ TOWER RECORDS で購入 ]
 (輸入盤)

The Collection

top of page

vinyl for japanese

[ ALBUM ]

「果てしなき反抗」

「果てしなき反抗」  ADOLESCENT SEX

1978年09月02日発売。2.500円
発売元:ビクター音楽産業。VIP-6564

解説:水上はる子、対訳:岡田英明
シングル・ジャケット、歌詞カード

「苦悩の旋律」

「苦悩の旋律」  OBSCURE ALTERNATIVES

1978年11月25日発売。2.500円
発売元:ビクター音楽産業。VIP-6593

解説:渋谷陽一、対訳:MICKEY
シングル・ジャケット、歌詞カード

「クワイエット・ライフ」

「クワイエット・ライフ」  QUIET LIFE

1979年12月20日発売。2.500円
発売元:ビクター音楽産業。VIP-6700

解説:伊藤政則、対訳:A.T.
ダブル・ジャケット、歌詞カード、封入ポスター

「孤独な影…」

「孤独な影」  GENTLEMEN TAKE POLAROIDS

1980年12月20日発売。2.500円
発売元:ビクター音楽産業。VIP-6969

解説:中邨杳一、対訳:※無記名
シングル・ジャケット、歌詞カード、初回ポスター

「ザ・シングルズ」

「ザ・シングルズ」  THE SINGLES

1981年03月21日発売。2.000円
発売元:ビクター音楽産業。VIP-4106

解説:宮崎真理子、対訳:内田久美子
シングル・ジャケット、歌詞カード、ブロマイド
ピクチャーレーベル、ブルー・レコード

「錻力の太鼓」

「錻力の太鼓」  TIN DRUM

1981年12月05日発売。2.500円
発売元:ビクター音楽産業。VIP-6984

解説:立川直樹、対訳:内田久美子
シングル・ジャケット、歌詞カード

「ナイトポーター」

「ナイトポーター」  NIGHTPORTER

1982年12月05日発売。2.000円
発売元:ビクター音楽産業。VIP-4181

解説:山田道成、対訳:※無し
シングル・ジャケット、歌詞カード、
ピクチャー・レーベル

「オイル・オン・キャンバス」

「オイル・オン・キャンバス」  OIL ON CANVAS

1983年06月05日発売。3.600円
発売元:ビクター音楽産業。VIP-6~7

解説:東郷かおる子、対訳:※無し
ダブル・ジャケット2枚組みライブ盤、
8ページブックレット(年表、ディスコグラフィー、歌詞)

「アセンブラージュ」

「アセンブラージュ」 ASSEMBLAGE

1983年08月21日発売。2.500円
発売元:ビクター音楽産業。VIL-6057

解説:塚越みどり、対訳:※無し
シングル・ジャケット、歌詞カード

「エクソサイジング・ゴウスツ」

「エクソサイジング・ゴウスツ」 EXORCISING GHOSTS

1984年12月21日発売。4.000円
発売元:東芝EMI株式会社。20VB-1015・16

デヴィッド・シルヴィアン・インタビュー(立川直樹)
歌詞対訳:内田久美子
ダブル・ジャケット、歌詞カード、
日本盤スペシャル・ライナーノーツ

MARKET - 購入サイト

SEARCH - 検索サイト

必ず見つかるというわけではないですが、アナログレコード専門検索エンジンってのがありました。

MARKET - 購入サイト

[ amazon で購入 ]
 (紙ジャケット日本盤)
-----2008/07/23

果てしなき反抗
苦悩の旋律
クワイエット・ライフ
アセンブラージュ

[ HMV で購入 ]
 (紙ジャケット日本盤)
-----2008/07/23

アセンブラージュ icon

MARKET - 購入サイト

[ amazon で購入 ]
 (紙ジャケット日本盤)
-----2008/07/02

孤独な影
錻力の太鼓
オイル・オン・キャンヴァス

top of page

[ SINGLE ]

「奇しい絆」

「奇しい絆」
THE UNCONVENTIONAL
(cw/ LOVERS ON MAIN STREET )

1978年09月25日発売。600円
発売元:ビクター音楽産業。VIP-2648

A面「奇しい絆」
B面「表通りの愛人たち」

「苦悩の旋律」

「孤独な安らぎ」
SOMETIMES I FEEL SO LOW
(cw/ LOVE IS INFECTIOUS)

1978年11月25日発売。600円
発売元:ビクター音楽産業。VIP-2678

A面「孤独な安らぎ」
B面「愛の伝染」

「ライフ・イン・トウキョウ」

「ライフ・イン・トウキョウ」
LIFE IN TOKYO
(cw/ LIFE IN TOKYO Part2)

1979年08月01日発売。600円
発売元:ビクター音楽産業。VIP-2745

A面「ライフ・イン・トウキョウ」
B面「ライフ・イン・トウキョウ(パート2)」

「クワイエット・ライフ」

「クワイエット・ライフ」
QUIET LIFE
(cw/ HALLOWEEN)

1979年12月20日発売。600円
発売元:ビクター音楽産業。VIP-2797

A面「クワイエット・ライフ」
B面「ハロウィーン」

「セカンド・ザット・エモーション」

「セカンド・ザット・エモーション」
I SECOND THAT EMOTION
(cw/ EUROPEAN SON)

1980年05月21日発売。700円
発売元:ビクター音楽産業。VIP-1501

A面「セカンド・ザット・エモーション」
B面「ヨーロピアン・サン」

「孤独な影」

「孤独な影」
GENTLEMEN TAKE POLAROIDS
(cw/ BURNING BRIDGES)

1980年12月20日発売。700円
発売元:ビクター音楽産業。VIPX-1550

A面「孤独な影」
B面「バーニング・ブリッジス」

「ジ・アート・オブ・パーティーズ」

「ジ・アート・オブ・パーティーズ」
THE ART OF PARTIES
(cw/ MY NEW CAREER)

1981年05月21日発売。700円
発売元:ビクター音楽産業。VIPX-4181

A面「ジ・アート・オブ・パーティーズ」
B面「マイ・ニュー・カリアー」

SEARCH - 検索サイト

必ず見つかるというわけではないですが、アナログレコード専門検索エンジンってのがありました。

YouTube

top of page

books for japanese

[ 懐かしのジャパン・ムック ]

「JAPAN ルージュの伝説」

1978年発行

音楽専科緊急増刊 「JAPAN / ルージュの伝説」

カラー24P、モノクロ80P 幼少期のフォトグラフ、手形とか、 なかなか見れないショット満載ですよ! この頃すでに、 「みんなと同じ事はやらないよ」的な 発言もあって、興味深いです。 '79、'82年にも再発されてます。

「JAPAN in 日本」

1979年発行

ミュージック・ライフ臨時増刊 「ジャパン・イン・日本」

カラー48P、モノクロ48P。 1979年の来日ツアーのオフショットが中心。 当時のミュージック・ライフ編集長は ”東郷かおる子さん” 来日時の記者会見、ライブの模様、 さらに、ファッションチェックなるものもあります。 ライブで、「熱きローデシア」、「愛の回転木馬」演奏中に バックに映像が流れるのですが、 その映像のメイキング場面というページもあります。

「ジャパン・フォト・ストーリー」

1983年発行

ミュージック・ライフ臨時増刊
「ジャパン・フォト・ストーリー」

カラー32P、モノクロ64P。 「アート・オブ・パーティーズ展」など、 当時の記事を中心としつつ、 ジャパンの歴史を振り返るムック。 '80年のワールド・ツアーの全日程。 ステージショット、オフショット。 過去4度の日本公演からのライブショット、 さらに演奏曲目も。 オフショットは、 '79年福岡、'80年大阪、'81年京都、'82年東京。

「ジャパン写真集 Sons of Pioneers」

1983年発行

ジャパン写真集 「Japan Sons of Pioneers」

カラー8P、モノクロ144P。 フィン・コステロが、ツアーに同行して撮影した写真集。 記事は撮影者紹介の2ページのみ、本当に写真集です。 後に、ジャパンが語られる時の記事では、 この写真集のショットが紹介されることが多いです。 12インチ・シングルなどのジャケットにも使われてます。 (All Tomorrow's Parties) 企画・編集 / ミュージック・ライフ編集部

「ジャパン・ヒストリー フロム・トキオ・トゥ・ロンドン」

1984年発行

「ジャパン・ヒストリー フロム・トキオ・トゥ・ロンドン」

カラー14P、モノクロ14P(紙質は同じ)。 アーサー・A・ピット著、斉藤もも子訳。 英PROTEUS BOOKSから’82年に出版され、 洋書として通販で入手するのが定番だったものを シンコー・ミュージックが’84年に日本語版を出版。 文字通りジャパンの歴史をつづったもの。 後半は、各メンバーについて語られる。 各ページにはその時々のジャパンのショットが挿入されてます。

「「ジャパン・ベスト」 バンド・スコア

1994年発行

「ジャパン・ベスト」 バンド・スコア

モノクロ112P。
採譜・解説 : 佐藤史朗
発行 : シンコー・ミュージック

  1. THE UNCONVENTIONAL
  2. QUIET LIFE
  3. GENTLEMEN TAKE POLAROIDS
  4. SWING
  5. METHODS OF DANCE
  6. NIGHTPORTER
  7. GHOSTS
  8. THE ART OF PARTIES
  9. SONS OF PIONEERS

YouTube

[ COVER ]

Heartbreaker
/ Japan (live 1979)

[ ORIGINAL ]

Heartbreaker
/ The Rolling Stones

---------------------------------

[ COVER ]

Don't Rain On My Parade
/ Japan

[ ORIGINAL ]

Don't Rain On My Parade
/ Barbra Streisand

---------------------------------

[ COVER ]

All Tomorrow's Parties
/ Japan

[ ORIGINAL ]

All Tomorrow's Parties
/ The Velvet Underground & Nico

---------------------------------

[ COVER ]

I Second That Emotion
/ Japan

[ ORIGINAL ]

I Second That Emotion
/ Smokey Robinson & The Miracles

---------------------------------

[ COVER ]

Ain't That Peculiar
/ Japan

[ ORIGINAL ]

Ain't That Peculiar
/ Marvin Gaye

---------------------------------

top of page

[ JAPAN 1974-1984 ](japanese translation biography)
  Anthony Reynolds

japan 1974-84

2017/06/29 JAPAN

「 JAPAN 1974-1984 光と影のバンド全史 」
アンソニー・レイノルズ 著、飯村淳子 訳
  • 2017年06月29日発売(日本版)

2015年に出版されたジャパンのバイオグラフィー書籍の待望の日本語訳! 洋書として購入することしかできなかったオリジナルは Burnig shed から出版。 そして日本語版は、ジャパン・ファンにはおなじみ 「ミュージック・ライフ」のシンコーミュージックからというのが涙々、、、ありがとー(^▽^)

当時を懐かしむだけでなく、新たな発見や写真なども盛りだくさんの予定というから 今から期待でワクワクです。

翻訳は、「世界のギター・ヒーロー50人に聞いた500の素朴な質問」 などの飯村淳子氏。ユキヒロさんの推薦文にグッと来て、さらに表紙の写真が当時を蘇らせる。
出版:シンコーミュージック。 A4変型判、320ページ。
2017年06月29日発売予定

MARKET - 購入サイト

[ 日本版 ]

amazon

[ Japan - A Foreign Place :The Biography 1974-1984) ]
  Anthony Reynolds

japan 1974-84

2015/10/09 UK

洋書として購入(後に日本版も出版予定)
アンソニー・レイノルズ 著
  • 2015年10月09日発売(英国版)

ジャパンのバイオグラフィー書籍。 Burnig shed から出版。もちろん英語です。

212ページ。210X210mm。

LINK - 関連サイト

MARKET - 購入サイト

[ 輸入版 ]

amazon

[ JAPAN in "MUSIC LIFE" ]
("JAPAN"the band in Japanese magazine archive)

JPAPAN in MUSIC LIFE

2018/12/25 JAPAN

「 ミュージック・ライフが見たジャパン 」
  • 2018年12月25日発売

70年代、80年代の洋楽ファンには貴重な情報源だった「ミュージック・ライフ」誌。 当時、中高生的には少しお値段が高かったが、とりわけジャパンのファンにとっては 忘れられない存在。デヴィッド・シルヴィアンが表紙を飾ったことも数多い。

そんなミュージック・ライフの歴史の中でジャパンに関する 表紙や記事を集めた涙腺崩壊特集ともいえる永久保存版アイテム登場! デビュー当時の本国以上の日本での人気から、音楽的な飛躍から絶頂期。 坂本龍一や土屋昌巳との交流。 来日時での写真記事やインタビューなど、貴重な記録に再び出会える。

ジャパンをはじめ、 当時のミュージック・ライフ関連の特集本の発売が続き嬉しい限り。 この嬉しい動きは来年以降も続くのかな。

B5判。3,024円(本体2,800円)

MARKET - 購入サイト

8 beat gag (rock'n comics)

音楽専科臨時増刊 ロッキン・コミック [ 8ビート・ギャグ ]

志摩あつこさんの描くジャパン


志摩あつこさんの描くデヴィッド・シルヴィアン

←志摩あつこさんの描いた ジャパンのメンバー(左)。 とデヴィッド・シルヴィアン(右)。 これは「音楽専科」や 「ビバロック」に付録として付いていた ”カセットレーベル”です。 当時、実際のアーティストの写真の カセットレーベル以外に、 志摩さんのイラスト のレーベルが付録になるくらい 絶大な支持を得ていた。

月刊音楽誌 「音楽専科」 (現在廃刊) に連載されていた、 海外ミュージシャンを登場人物にした短編パロディマンガ。 その中でも人気の高い長編シリーズ 「でびが来た!」をメインにした 初の単行本化。主人公はモチロン、デヴィッド・シルヴィアン!

その他にも、アル中のマイケル・シェンカー、 女装癖のリッチー・ブラックモア、顔が大きい事に悩むボーイ・ジョージ など、80年代前半、世界のミュージックシーンを賑わせたイギリスの ミュージシャンを中心とした大パロディまんが!!

「でびが来た」というタイトルのシリーズは第三弾で一応の最終回。 第二弾、第三弾では、音楽専科連載の「8ビート・ギャグ」以外にも 姉妹誌「ビバ・ロック」連載の 「4ビート・ギャグ」、 「変C調コミック」、「倫敦症候群」も収録される。

その「8ビートギャグ」の単行本。 第一弾では、巻頭に 「ホノボノ対談 坂本龍一 + 志摩あつこ」 という夢の対談企画や、デヴィッド&教授のピンナップも。 その対談によると、教授もデヴィッドも「8ビート・ギャグ」を 毎月読んでるとのこと、…誰が訳していたのだろう?ユカさん?

「でびが来た!」第一話のあらすじは… ロンドンで、デヴィッドは、  「いけないルージュマジック」のビデオを見て、 ”愛する龍一”とキスをしている忌野清志郎にジェラシー! 龍一に会いに行く為、緊急来日をするデヴィッド。 キヨシロー、アッコちゃん、でび、龍一で京都に行く事に。 なんと、偶然にも「戦場のメリークリスマス」で龍一が共演した デヴィッド・ボウィと再開することに・・ ・この3角?4角?5角?関係の行方は? …という、ファンが思わず ”ニヤッ” としてしまう設定です!

“志摩あつこ”→“シマあつこ” さんと表記を改め活躍中です。 そして、嬉しいことに「8ビートギャグ」は復刻版と書き下ろし版は、 通販サイトにて入手可能です。

付録カセットレーベル

「8ビート・ギャグ」 第1弾

「8ビート・ギャグ」第1弾

作者:志摩あつこ

出版:音楽専科社
定価750円&mbsp;166ページ

1983年04月27日発行

「8ビート・ギャグ」 第2弾

「8ビート・ギャグ」第2弾

作者:志摩あつこ(8ビート・ギャグ)
   水野レイ(変C調コミック)
   啼羅(倫敦症候群)

出版:音楽専科社
定価750円  164ページ

1983年09月28日発行

「8ビート・ギャグ」 第3弾

「8ビート・ギャグ」第3弾

作者:志摩あつこ(8ビート・ギャグ)
   水野レイ(変C調コミック)
   啼羅(倫敦症候群)

出版 : 音楽専科社
定価 750円  166ページ

1984年03月24日発行

MARKET - 購入サイト

[作者通販サイト]

復刻ありがとうございます!

[ amazon ]

1990年に音楽専科社からベストセレクションが発売された。今、超高値。

8ビート・ギャグ ベスト・セレクションVol.2

8ビート・ギャグ ベスト・セレクション Vol.3

radio program

[ JAPAN SPECIAL LIVE ]  NHK-FM RADIO PROGRAM

NHK-FM 「ジャパン・スペシャル・ライブ」

1982年12月27日にオンエアされた、
(1983年08月08日に再放送・・・「クワイエットライフ」をカットして、5分短縮) ジャパン最後のワールドツアー武道館公演のFM特番。

エアチェックしたテープを聴きなおして、その模様を記しました。 話題としては、とても昔の事ですが、 当時を知る人は懐かしんで、 当時を知らない人には、資料として、 楽しんでいただけたら嬉しく思います。(2004年08月01日 たけうた)

デヴィッド・シルヴィアン
  • [坂本龍一 radio MC]

こんばんは、坂本龍一です。
今日は、12月8日に武道館で行われた
ジャパン・スペシャルのコンサートの模様を
1時間45分に渡って、じっくりとお聴かせします。
え~。そのコンサートは名前は、
ジャパン・スペシャルといいます。
何がスペシャルかというと、
ゲストに坂本龍一、高橋幸宏、矢野顕子が出たからです。
では、ゆっくりお聴き下さい。

  1. BURNING BRIGES
  2. SONS OF PIONEERS
  3. ALIEN
  4. GENTLEMEN TAKE POLAROIDS
  5. SWING

デヴィッドMC:
Thank you ! good evening !
This is song from TIN DRUM, CANTONESE BOY.

  1. CANTONESE BOY
  2. VISIONS OF CHINA

デヴィッドMC:
This is song from a GENTLEMEN TAKE POLAROIDS album,
NIGHTPORTER.

  1. NIGHTPORTER
  2. GHOSTS
  3. STILL LIFE IN MOBILE HOMES
  4. METHODS OF DANCE

デヴィッドMC:
Thank you ! ○☆~△×…(←聞き取れませんでした)
guest artist tonight, Masami Tsuchiya.
QUIET LIFE.

  1. QUIET LIFE
  2. EUROPEAN SON
  3. THE ART OF PARTIES
  • [坂本龍一 radio MC]

え~(ん)。なんていうの。
これから、あの…つぎにね。
ゲスト  が出てきて、
え~僕たちが出てきて。
え~、何曲やったけな、5曲位やったんですけど。
ま  あのコンサートのアンコールってことで、
え~3人が出ますけども、これから。

ん~、そうですね。
とっ…ん~と当日の模様をちょっとお聞かせすると…。
え~、何があったかな。
まぁ、みんな、あのお化粧に入念。ねっ。
なんての、丹念にやってましたね、みんな。

それから、あの、んんっっ。
スタイリストとして、あの、
土屋くんの奥さんのねっ…
奥さんって言っていいのかな、これ?
すぅぅぅ、ふっははっ。

洋子さんが、あの~。
ヨーロッパのこのツアーも
スタイリストやってたんですけども、
あの、アンコールで着たあのデヴィッドの
紺だか、黒だかのスーツがとってもよかったですね。
あの、あーいうデェイヴィッドは、
シックな格好がとっても似合うと思うんですよね。
あの、イギリス 人ぽい、その 何か
お人形さんみたいで、カワイイ♪
…っていう話もあるんだけど。

あの本番の時にあの~
バンブーミュージックかな。
の時にボクとデェイヴィッドがとなりでシンセサイザー
弾いてましたけども。
あのースポットが当たってね、そいで
ちらっとデヴィッドの方を見たら
デヴィッドもこっちを見てんですよね。

で、思わずニタッ…ニタッなんて、
こう、息が合っちゃって、
ふたりで笑ったら。
前の方の、女の…女の子たちが「きゃあ」
なんて言ってましたけどね。
ちゃんと聞こえましたけども…。
んで、後で聞いたら、あの。
アッコちゃんは、デヴィッド私のほう
全然見…笑ってくれないっつって、怒ってましたけど。
まぁリッチとミックが相手してたみたいですけどね。
ファンのみんなもとっても楽しかったって言ってました。
それでは、そろそろ。


デヴィッドMC:
ココデ、ボクタチノ、トモダチヲショウカイシマス。
ヤノアキーコ、サカモトリュウイチィ!
BAMBOO MUSIC・・・

  1. BAMBOO MUSIC

スティーブMC:
Thank You
ココデボクノ、・・・ボクノオクサンヲショウカイシマス。
「きゃーっ!」(←女性ファンの悲鳴)
タカハシィユキヒロォ。

  1. TAKING ISLAND IN AFRICA
  2. LIFE IN TOKYO
  3. CANTON
  4. GOOD NIGHT

デヴィッドMC:
Thank You , Good Night !

ミックとデヴィッド ステージ

JAPAN IN CONDCERT “Sons Of Pioneers”1982/12/08 Tokyo

  1. Burning Bridges
  2. Sons Of Pioneers
  3. Alien
  4. Gentlemen Take Polaroids
  5. Swing
  6. Cantonese Boy
  7. Visions Of China
  8. Nightporter
  9. Ghosts
  10. Still Life In Mobile Homes
  11. Methods Of Dance
  12. Quiet Life
  13. European Son
  14. The Art Of Parties
  15. encore

  16. Bamboo Music
  17. Taking Island In Africa
  18. Life In Tokyo
  19. Canton
  20. Good Night

television program

TELEVISION PROGRAM IN JAPAN

1979/03/12
[ SOMETIMES I FEEL SO LOW ], [ EUROPEAN SON ]

1979年の初来日時、日本でのツアー終了後、 NHK「レッツゴー・ヤング」に出演という嬉しいことが! 収録日は、1979年3月12日(月) (※ミュージック・ライフ臨時増刊「JAPANイン日本」より)。 レッツヤンは何日後にオンエアだったかな? レギュラー出演者のユニットが”サンデーズ”というくらいで、 オンエアは日曜日だから…生放送ではないですが。 本題から離れすぎるので触れませんが、このサンデーズ… なかなかユニークなメンバーが所属してたりするんですよ。

当時の記憶と、会場がNHKホールっぽいので、 このYouTubeの映像が、レッツゴーヤングでオンエアされたと思っていたのですが、 来日時には複数の日本のテレビに出演しており、そちらの可能性あります。 「JAPANイン日本」の記事によると、 「11PM」「6:00こちら情報部」への出演もあったみたい。 そして、時代を考慮すると、かなり高画質です! アップしてくれた方、ありがとー! 曲は「孤独な安らぎ」「ヨーロッピアン・サン」 (※番組テロップ原文。)

ついでに言うと、 翌1980年来日時にも何本かテレビ出演しています。 その後は、日本人アーティストとの交流もあり、 結構テレビでみかける機会もふえますが。 …とは言っても、ジャパン活動期は、 来日時と一風堂関係の時ぐらいか。 ここから、うろ覚えな話なんですが、 レッツヤン出演の海外アーティストは、他には ハノイ・ロックス、AC/DCとか出てませんでしたっけ? 時代的な可能性ということで、 レイフ・ギャレット、ベイ・シティ・ローラーズとか 出ててもおかしくない気がする~。 あまり話がそれてもいけないので、この辺でwww

JAPAN IN CONDCERT 1979

  1. Don't Rain On My Parage
  2. Obscure Alternatives
  3. Love Is Infectious
  4. Deviation
  5. European Son (new song)
  6. Suburban Love
  7. Suvurban Berlin
  8. ...Rhodesia
  9. Sometimes I Feel So Low
  10. Adolescent Sex
  11. The Unconventional
  12. encore

  13. Heartbreaker
    (The Rolling Stones cover)
  14. Automatic Gun
  15. 1979/03/11 Osaka

  16. Communist China

[ OLD GREY WHISTLE TEST ]  BBC TELEVISION PROGRAM

「オールド・グレイ・ホイッスル・テスト」

1971~87年、イギリスBBC2で放送されたスタジオライブの人気音楽番組。 伝説的な映像も多数あり、日本でもDVD化されている。

このサイトの訪問者の方々にも興味深いアーティストが多いが、 このDVDのシリーズには残念ながら、 ジャパンやデヴィッドの映像は収録されていない。

イギリスBBCの「オールド・グレイ・ホイッスル・テスト」でのスタジオライブ。 非常に高画質です!アップしてくれた方、ありがとー! 教授がゲストの貴重な映像もあります。 教授のプロフィット5や、土屋さんのギターが、 オリジナルとは、一味違ったアレンジを聴かせてくれます。

1980/12/21 [ SWING ], [ MY NEW CAREER ]

1982/03/04 with Ryuichi Sakamoto [ GHOSTS ], [ CANTONESE BOY ]

1982/10/22 [ NIGHTPORTER ], [ THE ART OF PARTIES ]

JAPAN IN CONDCERT 1980

  1. Alien
  2. ...Rhodesia
  3. Quiet Life
  4. Fall In Love With Me
  5. Deviation
  6. All Tomorrows Parties
  7. Obscure Alternatives
  8. In Vogue
  9. Life In Tokyo
  10. Halloween
  11. Sometimes I Feel So Low
  12. Communist China
  13. Adolescent Sex
  14. encore

  15. I Second That Emotion
  16. Automatic Gun

JAPAN IN CONDCERT 1981

  1. Burning Bridges
  2. Swing
  3. Gentlemen Take Polaroids
  4. Alien
  5. ...Rhodesia
  6. Quiet Life
  7. My New Career
  8. Obscure Alternatives
  9. Taking Islands In Africa
  10. Methods Of Dance
  11. Ain't That Peculiar
  12. Sometimes I Feel So Low
  13. Halloween
  14. European Son
  15. encore

  16. Life In Tokyo
  17. Adolescent Sex
  18. Automatic Gun

[ JAPAN LAST LIVE ] TELEVISION PROGRAM

「ジャパン解散ライブ」

1982年12月16日の名古屋市公会堂でのコンサート。 これは、解散宣言をする最終公演。 そして、オーディエンス録画と思える画像ですが、 同日の「ライフ・イン・トウキョウ」のフルサイズ。 こんな画像、よくありましたねぇ。。。

[ LIFE IN TOKYO ]

この頃の日本のテレビ中継で想い出深いのは、 一風堂の「すみれ September Love」がチャートインして、 よくベストテン番組の中継がありましたね。 その頃の土屋昌巳さんは、ジャパンのツアーで、 ロンドンから中継になるんですね。 で、ジャパンのメンバーとリハーサルの模様がオンエアされる。

あ、「ザ・ベストテン」の特番! 寺尾聰さんの「ルビーの指輪」の11週連続1位の記念に作った記念タバコ。 (セブンスターだったっけか?) そのタバコのやっと見つけた最後の一箱! 関係者が持ってきたらしいんですよ。 …で収録会場に置いていて…いよいよお披露目の時! 一風堂関係の曲でスタンバイしていたスティーヴとリッチが一服。。。 そう…その記念タバコ!

「あれ?記念タバコありませんか?」 「??????えっ?」 「あー、今、ジャパンの方々が吸ってしまったそうです!」 と黒柳徹子さんが言ったんじゃないかな? 思わぬところで、スティーブとリッチのアップが! 覚えてる人いるかな?

IPPU-DO

「すみれ September Love」
一風堂