discography & history

[Debut ∼ Ariola Hansa Records]

デビュー ∼ アリオラ・ハンザ・レコードの時代

1978年、イギリスのロックバンド”ジャパン”として アリオラ・ハンザ・レコードからデビュー。 3枚のオリジナル・アルバムを発表する。

当時のミュージックシーンはパンクからニューウェーブへと流れていたが、 デビュー当時は双方のファンが関心を示さなかった。 本国イギリスよりも、日本での人気が先行するも、 音楽性よりもそのルックスによる所が大きかった。 後のジャパンに比べると、モータウン的なブラックなサウンド。 (※実際にモータウン所属のアーティストの曲のカヴァーがある…。)

5人編成時のジャパン
アリオラ時代のロゴ

from left to right

  • STEVE JANSEN  ( drums )
  • RICHARD BARBIERI   ( keyboad )
  • DAVID SYLVIAN  ( vocal, key, g )
  • MICK KARN  ( bass, sax, oboe )
  • ROB DEAN  ( guitar )

MARKET - 購入サイト

[ amazon で購入 ]
 (紙ジャケット日本盤)
-----2008/07/23

果てしなき反抗

苦悩の旋律

クワイエット・ライフ

アセンブラージュ

[ HMV で購入 ]
 (紙ジャケット日本盤)
-----2008/07/23

アセンブラージュ icon

top of page

[ ADOLESCENT SEX ] JAPAN

addolescent sex / japan 遠くて近い

1978/04/07 UK    
1978/09/25 JAPAN

(SIDE A)

  1. TRANSMISSION
  2. THE UNCONVENTIONAL
  3. WITH YOU WERE BLACK
  4. PERFORMANCE
  5. LOVERS ON MAIN STREET
  6. DON'T RAIN ON MY PARADE

(SIDE B)

  1. SUBURBAN LOVE
  2. ADOLESCENT SEX
  3. COMMUNIST CHINA
  4. TELEVISION

Produced by Ray Singer

All titles composed by
David Sylvian

except A-6.
Music by Jule Styne
Lyrics by Bob Merrill
(∗ Barbra Streisand cover)

ENHANCED BONUS VIDEO
(upgrades CD 2004/09/22)

  1. DON'T RAIN ON MY PARADE
  2. COMMUNIST CHINA
  3. ADOLESCENT SEX
  4. ADOLESCENT SEX
    (rare alternative video)
「 果てしなき反抗 」 ジャパン
  • 1978年04月07日発売(英国盤)
  • 1978年09月25日発売(日本盤)

鮮烈のデビュー・アルバム! 日本で、初日1万5千枚を売り上げる、 伝説的ともいえる人気。 皮肉にも、この人気先行のせいで、 しばらく音楽的評価は低くなってしまう。

ジャケットやロゴデザインは原色(とりわけ赤と黒)。 歌詞には”NOW”や”BABY”も登場し、 後のジャパンのイメージとはかなり異なる。 しかし、そこはジャパン! 退廃的なムードはすでに顕著。

音楽的評価は、まだ高くはないが、 後期ジャパンと切り離して考えれば、 中々興味深いサウンドではある。 特に、「奇しい絆」「コミュニスト・チャイナ」

すべてのアルバムを聴けば、 後期ジャパンに繋がる変化が見えてくる。 「スターウォーズ~エピソード1」みたいな存在か。

全作詞・作曲はデヴィッド・シルヴィアン。 唯一「パレードに雨を降らせないで」は、 バーバラ・ストライサンドのカヴァー。

(SIDE A)

  1. 魅惑への招待
  2. 奇しい絆
  3. 黒人ならば
  4. 美しき愛欲
  5. 表通りの愛人達
  6. パレードに雨を降らせないで

(SIDE B)

  1. 愛の回転木馬
  2. 果てしなき反抗
  3. コミュニスト・チャイナ
  4. 誘惑スクリーン

MARKET - 購入サイト

[ upgrades 輸入盤 ]

amazon TOWER RECORDS

[ upgrades 日本盤 ]

amazon

[ アナログLP 輸入盤 ]

HMV TOWER RECORDS

YouTube

[THE UNCONVENTIONAL] JAPAN(7" single)

「奇しい絆」ジャパン

the unconventional

 1978/09/25 JAPAN

  1. THE UNCONVENTIONAL
  2. LOVERS ON MAIN STREET
  1. 奇しい絆
  2. 表通りの愛人たち

top of page

[ OBSCURE ALTERNATIVES ]  JAPAN

obscure alternatives / japan

1978/10/27 UK    
1978/11/25 JAPAN

(SIDE A)

  1. AUTOMATIC GUN
  2. …RHODESIA
  3. LOVE IS INFECTIOUS
  4. SOMETIMES I FEEL SO LOW

(SIDE B)

  1. OBSCURE ALTERNATIVES
  2. DEVIATION
  3. SUBURBAN BERLIN
  4. THE TENANT

Produced by Ray Singer

All titles composed by
David Sylvian

BONUS TRACK
(upgrades CD 2004/09/22)

  1. DEVIATION
    ( live in Tokyo )
  2. OBSCURE ALTERNATIVES
    ( live in Tokyo )
  3. IN VOGUE
    ( live in Tokyo )
  4. SOMETIMES I FEEL SO LOW
    ( live in Tokyo )

ENHANCED BONUS VIDEO
(upgrades CD 2004/09/22)

  1. SOMETIMES I FEEL SO LOW
「 苦悩の旋律 」 ジャパン
  • 1978年10月27日発売(英国盤)
  • 1978年11月25日発売(日本盤)

日本では2ヶ月後のスピード発売となったセカンド。 ファーストと共に語られることが多いが、 「クワイエット・ライフ」への布石となる 音楽的飛躍を感じる作品であり、 熟成を待つ期間といえる。

このアルバムからミックのベースの存在感が増す。 シンセはまだブラス音色的な使い方。 「愛の住人」は初のインストゥルメンタル作品。 この曲こそが、後期ジャパンに繋がる憂いある佳曲。

1979年3月1日~13日、初来日。 初日公演は、3月6日の日本武道館。 3月12日(月)には、NHK「レッツゴーヤング」の収録。 オンエアはいつなんだろ?…おそらく2週間後くらいの日曜? (同番組では来日アーティストの出演が多かった♪)

ファーストとセカンド…収録曲の邦題がスゴイ! 「美しき愛欲」「愛の伝染」 …やはり邦題に”愛”は欠かせない! この時代は、邦題も一つの文化ですね。

(SIDE A)

  1. オートマティック・ガン
  2. 熱きローデシア
  3. 愛の伝染
  4. 孤独な安らぎ

(SIDE B)

  1. 苦悩の旋律
  2. 若き反抗
  3. 郊外ベルリン
  4. 愛の住人

MARKET - 購入サイト

[ upgrades 輸入盤 ]

amazon HMV icon TOWER RECORDS

[ upgrades 日本盤 ]

amazon HMV TOWER RECORDS

[ アナログLP 輸入盤 ]

HMV TOWER RECORDS

YouTube

[SOMETIMES I FEEL SO LOW] JAPAN(7" single)

「孤独な安らぎ」ジャパン

sometimes i feel so low

 1978/11/25 JAPAN

  1. SOMETIMES I FEEL SO LOW
  2. LOVE IS INFECTIOUS
  1. 孤独な安らぎ
  2. 愛の伝染

top of page

[ QUIET LIFE ] JAPAN

quiet life / japan

1979/11/–– UK    
1979/12/20 JAPAN

(SIDE A)

  1. QUIET LIFE
  2. FALL IN LOVE WITH ME
  3. DESPAIR
  4. IN-VOGUE

(SIDE B)

  1. HALLOWEEN
  2. ALL TOMORROWS PARTIES
  3. ALIEN
  4. THE OTHER SIDE OF LIFE

Produced by John Punter

except B-2 by
Simon Napier Bell and JAPAN

All titles composed by
David Sylvian

except B-2.
Lou Reed
(∗ THE VELVET UNDERGROUND & NICO cover)

BONUS TRACK
(upgrades CD 2004/09/22)

  1. ALL TOMORROWS PARTIES
    ( 12" version / 1983rimix )
  2. ALL TOMORROWS PARTIES
    ( 7" version )
  3. A FOREIGN PLACE
    ( B-side of EP "QUIET LIFE" )
  4. QUIET LIFE (7" version)
    ( live in Tokyo )

ENHANCED BONUS VIDEO
(upgrades CD 2004/09/22)

  1. QUIET LIFE
「 クワイエット・ライフ 」 ジャパン
  • 1979年11月––日発売(英国盤)
  • 1979年12月20日発売(日本盤)

シングル「ライフ・イン・トーキョー」を ジョルジオ・モロダーがプロデュースし制作。 意外にも、このディスコ・サウンドが転機となり、 後期ジャパン・サウンドへと加速させる。

その「ライフ・イン・トウキョウ」発表後となる アルバム「クワイエット・ライフ」は、 大幅なシンセの導入により、エレポップ感を増すが、 いわゆる”ロック”として楽しめることで、 飛躍とセールスを両立させているアルバム。

プロフェット5による独特の音色、 デヴィッドの独自の歌唱法などが確立され、 本国イギリスでも、音楽的に高い評価を得る。 アリオラ時代の曲を好ましく思わないデヴィッドも 本アルバムからはラストツアーでも披露している。 初期ジャパンを嫌って、 本作品をまだ聴かれていない方、 異国人(ALIEN)をぜひ聴いてみてください!

「オール・トゥモロウズ・パーティズ」は、 ヴェルベット・アンダーグラウンド&ニコのカヴァー。 ヴァージョンもいくつかあり、シングル展開もあった。 そして、最初のアルバム・タイトル候補。

このアルバム後、シングル 「セカンド・ザット・エモーション」を発表。 B面「ヨーロピアン・サン」と共に、 より後期ジャパン的なアプローチを見せ、 いよいよ、ヴァージン・レコードに移籍し、 次回作「孤独な影」の制作に入る。

(SIDE A)

  1. クワイエット・ライフ
  2. フォール・イン・ラブ・ウィズ・ミー
  3. 絶望
  4. イン・ボォウグ

(SIDE B)

  1. ハローウィーン
  2. オール・トゥモロウズ・パーティーズ
  3. 異国人
  4. ジ・アザー・サイド・オブ・ライフ

MARKET - 購入サイト

[ upgrades 輸入盤 ]

amazon HMV icon TOWER RECORDS

[ upgrades 日本盤 ]

amazon

[ アナログLP 輸入盤 ]

HMV TOWER RECORDS

YouTube

[QUIET LIFE] JAPAN(7" single)

「クワイエット・ライフ」ジャパン

quiet life

 1979/12/20 JAPAN

  1. QUIET LIFE
  2. HALLOWEEN
  1. クワイエット・ライフ
  2. ハロウィーン

top of page

[Progress ∼ Virgin Records]

発展 ∼ ヴァージン・レコードの時代

音楽的にも、本国イギリスで評価され始め、 1978年から、ヴァージン・レコードに移籍。
2枚のオリジナルと1枚のライブ・アルバムを残す。 4th アルバム「孤独な影」には 「アイランズ・イン・アフリカ」の共作曲で、 Y.M.O,の、坂本龍一が参加。 以後、デヴィッドとはいくつもの傑作を生むことになる。

プロフェット5の音色や、派手なフレットレス・ベースなど、 サウンドは、益々独特な個性を加速していく。 そんな中、ギタリスト、ロブ・ディーンが音楽性の相違から脱退。 ニューウェーブ、テクノポップな要素に、 オリエンタルなビートを取り入れ、 ラストアルバムにして最高傑作アルバム「ブリキの太鼓」発表。

ラスト・ツアー時のジャパン
ヴァージン時代のロゴ

from left to right

  • MICK KARN  (bass, sax, oboe)
  • STEVE JANSEN  (drums)
  • DAVID SYLVIAN  (vocal, key, g)
  • MASAMI TSUCHIYA
      (from IPPU-DO, guest guitarist)
  • RICHARD BARBIERI   (keyboad)

MARKET - 購入サイト

[ amazon で購入 ]
 (紙ジャケット日本盤)
-----2008/07/02

孤独な影

錻力の太鼓

オイル・オン・キャンヴァス

[ amazon で購入 ]
 (MP3 ダウンロード)

Gentlemen Take Polaroids

Tin Drum

Oil On Canvas

Exorcising Ghosts

top of page

[ GENTLEMEN TAKE POLAROIDS ]  JAPAN

gentlemen take polaroids  / japan

1980/11/15 UK    
1980/12/20 JAPAN

(SIDE A)

  1. GENTLEMEN TAKE POLAROIDS
  2. SWING
  3. BURNING BRIDGES
  4. MY NEW CAREER

(SIDE B)

  1. METHODS OF DANCE
  2. AIN'T THAT PECULIAR
  3. NIGNTPORTER
  4. TAKING ISLANDS IN AFRICA

Produced by John Punter

All titles composed by
David Sylvian

except B-2.
M.Tarplan, R.Rodgers, W.Robinson, W.Moore

except B-4.
David Sylvian, Ryuichi Sakamoto

[1993 remaster CD]

  1. GENTLEMEN TAKE POLAROIDS
  2. SWING
  3. BURNING BRIDGES
  4. THE EXPERIENCE OF SWIMING
  5. MY NEW CAREER
  6. METHODS OF DANCE
  7. AIN'T THAT PECULIAR
  8. NIGHTPORTER
  9. THE WIDTH OF A ROOM
  10. TAKING ISLANDS IN AFRICA

[2003 reissue CD]

gentlemen take polaroids (reissue)

2003/09/15 UK    
2003/11/27 JAPAN

  1. GENTLEMEN TAKE POLAROIDS
  2. SWING
  3. BURNING BRIDGES
  4. MY NEW CAREER
  5. METHODS OF DANCE
  6. AIN'T THAT PECULIAR
  7. NIGHTPORTER
  8. TAKING ISLANDS IN AFRICA

bonus track

  1. THE EXPERIENCE OF SWIMING
  2. THE WIDTH OF A ROOM
  3. TAKING ISLANDS IN AFRICA
    ( Steve Nye Remix )
「 孤独な影 」 ジャパン
  • 1980年11月15日発売(英国盤)
  • 1980年12月20日発売(日本盤)

4枚目のオリジナル・アルバム。 ヴァージン移籍後のこのアルバムと、 次回作「錻力の太鼓」が、 一般的に後期ジャパン・サウンドとして 音楽的に評価される。

「メソッズ・オブ・ダンス」は鳥肌モノのカッコよさ! 「スイング」では、デヴィッドとミックのベースが呼応。 そして名曲中の名曲、サティ的3拍子の 「ナイトポーター」はジャズ畑からの評価も高い。

坂本龍一とデヴィッドとの出会いは 本アルバムのレコーディングが 隣り合せのスタジオでだったことがきっかけ。 そして、ミュージックライフで対談の取材が実現する (ミュージックライフ1980年8月号)

このアルバムのラストの「アイランズ・イン・アフリカ」を デヴィッドと教授は共作する。

「エイント・ザット・ペキュリアー」は、 スモーキー・ロビンソンらが作曲し、マーヴィン・ゲイが歌った曲のカヴァー。

デヴィッドと教授

ちなみに後に土屋昌巳とデヴィッドの対談も実現。 この時はすでにツアーに同行する事は発表済。 「すみれ September Love」がヒットする前から 土屋さんの参加は決まっていた。
(ミュージックライフ1982年6月号)

オリジナルは8曲だが、 現在は当時シングルB面の2曲であった THE EXPERIENCE OF SWIMMINGと、 THE WIDTH OF A ROOM を含めた10曲が 定番となり1993年盤から追加。

1993年盤は4曲目と9曲目に割り込ませる曲順だったが、 2003年のリイシュー盤からは、オリジナル8曲の後に この2曲と、「アイランズ~」のリミックスを ボーナストラックとして追加という形をとっている。

実際に未発表曲が少ないのは、アウトテイクというものが少なく、 ある程度の完成度を持たせてから録音されていたものと思われる。

この頃になると、”愛がいっぱい”な邦題を見かけなくなる。 徐々に日本の音楽ファンには、簡単な単語であれば、 訳さなくてもイメージが伝わるようになってきているからだろう。 ただ、映画でも音楽でも、時に原題を凌駕する名タイトルもある。

(SIDE A)

  1. 孤独な影
  2. スウィング
  3. バーニング・ブリッジズ
  4. マイ・ニュー・カリアー

(SIDE B)

  1. メソッズ・オブ・ダンス
  2. エイント・ザット・ペキュリアー
  3. ナイトポーター
  4. アイランズ・イン・アフリカ

MARKET - 購入サイト

[ リイシュー 輸入盤 ]

amazon HMV icon TOWER RECORDS

[ リイシュー 日本盤 ]

HMV TOWER RECORDS

[ リマスター紙ジャケ 日本盤 ]

amazon HMV

[ MP3 ダウンロード ]

amazon

YouTube

[GENTLEMEN TAKE POLAROIDS] JAPAN(7" single)

「孤独な影」ジャパン

gentlemen take polaroids

 1980/12/20 JAPAN

  1. GENTLEMEN TAKE POLAROIDS
  2. BURNING BRIDGES
  1. 孤独な影
  2. バーニング・ブリッジス

top of page

[ THE SINGLES ]  JAPAN

THE SINGLES / JAPAN 表

1981/03/21
japan only

(SIDE A)

  1. LIFE IN TOKYO
  2. EUROPEAN SON
  3. STATELINE

(SIDE B)

  1. THE UNCONVENTIONAL
  2. QUIET LIFE
  3. I SECOND THAT EMOTION

(SIDE A)

  1. Produced by Giorgio Moroder
    Written by D.Sylvian, G.Moroder
  2. Produced by John Punter
    Written by David Sylvian
  3. Produced by Ray Singer
    Written by David Sylvian

(SIDE B)

  1. Produced by Ray Singer
    Written by David Sylvian
  2. Produced by John Punter
    Written by David Sylvian
  3. Produced by John Punter
    Written by Cleveland, Robinson

「ザ・シングルズ」ピクチャー・レーベル

「ザ・シングルズ」ピクチャー・レーベル

「 ザ・シングルズ 」 ジャパン
  • 1981年03月21日発売(日本盤)

日本特別編集のアリオラ時代のベスト盤。 限定盤、2.000円。ブロマイド付。

CDの時代になり、日本独自編集の「ザ・シングルズ」 を名乗るアイテムがいつくか登場するが、最初に日本で 名乗ったのは、このアルバムが最初!

シルバーメタリックのジャケットの中心をくり抜き、 そこからピクチャーレーベルが見えるデザイン。 レーベル部分は通常規格より大き目の約160mm。 (ブルーのカラーレコードです)

「奇しい絆」、「クワイエット・ライフ」以外は、 当時の日本盤でアルバム未収録曲。 ファンへのプレゼントと呼ぶにふさわしい。

「ステイト・ライン」は英盤シングル「パレードに雨を降らせないで」 のB面で、アルバム未収録。
当時の日本盤では、本アルバムのみで聴けた。

左の画像はピクチャー・レーベルの表面と、裏面。 2種類アイテムがあったわけではありません。…念のため。

現在は、数多いアリオラ時代のベスト盤CD にほとんど収録されている曲ばかりで役目を終えた感はあるが、 ”宝物”としてのインパクトでいえば、 アナログ盤ピクチャーレーベル強し!と思える。

日本でもシングルが発売された「セカンド・ザット・エモーション」は、 スモーキー・ロビンソン & ザ・ミラクルズのカヴァー。

(SIDE A)

  1. ライフ・イン・トウキョウ
  2. ヨーロピアン・サン
  3. ステイトライン

(SIDE B)

  1. 奇しい絆
  2. クワイエット・ライフ
  3. セカンド・ザット・エモーション
「ザ・シングルズ」ピクチャー・レーベル

SEARCH - 検索サイト

必ず見つかるというわけではないですが、アナログレコード専門検索エンジンってのがありました。

[LIFE IN TOKYO] JAPAN(7" single)

「ライフ・イン・トウキョウ」ジャパン

life in tokyo

 1979/08/01 JAPAN

  1. LIFE IN TOKYO
  2. LIFE IN TOKYO part2
  1. ライフ・イン・トウキョウ
  2. ライフ・イン・トウキョウ(パート2)

[I SECOND THAT EMOTION] JAPAN(7" single)

「セカンド・ザット・エモーション」
ジャパン

i second that emotion

 1980/05/21 JAPAN

  1. I SECOND THAT EMOTION
  2. EUROPEAN SON
  1. セカンド・ザット・エモーション
  2. ヨーロピアン・サン

top of page

[ TIN DRUM ]  JAPAN

TIN DRUM / JAPAN

1981/11/13 UK    
1981/12/05 JAPAN

(SIDE A)

  1. THE ART OF PARTIES
  2. TALKING DRUM
  3. GHOSTS
  4. CANTON

(SIDE B)

  1. STILL LIFE IN MOBILE HOMES
  2. VISIONS OF CHINA
  3. SONS OF PIONEERS
  4. CANTONESE BOY

Produced by Steve Nye, Japan

Yuka Fujii : vocals
Simon House : violin

All titles composed by
David Sylvian

except B-2.
David Sylvian, Steve Jansen

except B-3.
David Sylvian, Mick Karn

「 錻力の太鼓 」 ジャパン
  • 1981年11月13日発売(英国盤)
  • 1981年12月05日発売(日本盤)

5枚目のオリジナル・アルバム。 ラスト・アルバムにして最高傑作!

ジャケット写真にもあるように、音もオリエンタル志向。 タイトルはギュンター・グラスで、 ジャケットは、毛沢東…でもそこに違和感を感じない。 それは、どんな素材を持ってきても、 ジャパンしかできない音楽があり、イマジネーションがあるから。 無国籍、無ジャンルであっても、アルバムの統一感はくずれてない。

”ヴィジョンズ・オブ・チャイナ”、 ”スティル・ライフ・イン・モウビル・ホームズ” 夢中でしたね!大好きです。 ゲスト参加は、 藤井ユカ   (vocals)、 サイモン・ハウス  (violin)。

シングル”ゴウスツ”は全英チャート5位 (この曲一般ウケする?) 芸術性とポップスを両立させた最高傑作にして オリジナル・ラスト・アルバム。

「このアルバム無しにジャパンを語れない」 というくらい最重要アイテムです。

2003年のリイシュー盤は、 ボーナスディスクが付いた2枚組みの限定版も発売。 現在は、その2枚組版は、入手困難となっている。 この2枚組…日本盤は悪名高いCCCD(コピーコントロール) だったりするので、EU盤の方がオススメ。

なお、この2枚組限定盤の方は、別枠 で後述します。

(SIDE A)

  1. ジ・アート・オブ・パーティーズ
  2. トーキング・ドラム
  3. ゴウスツ
  4. カントン

(SIDE B)

  1. スティル・ライフ・イン・モウビル・ホームズ
  2. ヴィジョンズ・オブ・チャイナ
  3. サンズ・オブ・パイオニアーズ
  4. カントニーズ・ボーイ

MARKET - 購入サイト

[ リイシュー 輸入盤 ]

amazon HMV icon TOWER RECORDS

[ リイシュー 日本盤 ]

HMV TOWER RECORDS

[ リマスター紙ジャケ 日本盤 ]

amazon

[ アナログLP 輸入盤 ]

amazon HMV TOWER RECORDS

[ MP3 ダウンロード ]

amazon

YouTube

[THE ART OF PARTIES] JAPAN(7" single)

「ジ・アート・オブ・パーティーズ」
ジャパン

the art of parties

 1981/05/21 JAPAN

  1. THE ART OF PARTIES
  2. MY NEW CAREER
  1. ジ・アート・オブ・パーティーズ
  2. マイ・ニュー・カリアー

top of page

[ NIGHTPORTER ]  JAPAN

NIGHTPORTER / JAPAN

1982/12/05
japan only

(SIDE A)

  1. NIGHTPORTER (REMIX)
  2. GHOSTS (LONG VERSION)
  3. THE ART OF PARTIES (VERSION)

(SIDE B)

  1. THE EXPERIENCE OF SWIMMING (R.Barbieri)
  2. LIFE WITHOUT BUILDINGS (D.Sylvian)
  3. THE WIDTH OF A ROOM (R.Dean)

(SIDE A)

  1. Produced by John Punter
  2. Produced by Steve Nye, JAPAN
  3. Produced by Nigel Walker, JAPAN
    Guitar : David Rhodes

(SIDE B)

  1. Produced by John Punter
  2. Produced by John Punter, JAPAN
  3. Produced by David Sylvian

「ザ・シングルズ」ピクチャー・レーベル

「ザ・シングルズ」ピクチャー・レーベル

「 ナイトポーター 」  ジャパン
  • 1982年12月05日発売(日本盤)

日本特別編集のヴァージン時代のコレクション盤。 限定盤、2.000円。特大ピクチャーレーベル。 4度目となる来日の記念盤。 当時、売り切れ店続出で苦労しました。。。 すべて当時の日本での、未発売曲、未発売テイク。

このサービス・シングル「孤独な影」は、 イギリスで1980年10月にリリースされ、 「孤独な影」「ジ・エクスペリエンス~」 「ザ・ウィドス~」「バーニング・ブリッジス」が収録されていた。 ダブル・ジャケットで、2枚組の”宝物アイテム!”

「ジ・エクスペリエンス・オブ・スウィミング」 「ザ・ウィドス・オブ・ア・ルーム」は、 1993年のリマスター盤の「孤独な影」に収録され、 以降、比較的容易に聴けるようになる。

「ライフ・ウィズアウト・ビルディング(ス)」は、 日本盤では、ベスト盤「エクソサイジング・ゴウスツ」 にも収録されたが、2012年現在では、こちらも入手困難盤。

ジャケット写真は本来、「ナイトポーター」12インチ・イギリス盤 として使用されたもの

ジャケット裏面には英文スペルミスがある。
×SWIMING → ○SWIMMING
×BUILDING → ○BUILDINGS

左の画像はピクチャー・レーベルの表面と、裏面。 2種類アイテムがあったわけではありません。再び…念のため。

[A-1]
「ナイトポーター」リミックス・ヴァージョン。

[A-2]
「ゴウスツ」12インチ・ロングヴァージョン。

[A-3]
「ジ・アート・オブ・パーティーズ」:
上記12インチ「ゴウスツ」のB面。 ライブ・ヴァージョン。 ギターは、ランダム・ホールドやピーター・ガブリエル・バンドのデヴィッド・ローズ。

[B-1]
「ジ・エクスペリエンス・オブ・スウィミング」:
シングル「カントニーズ・ボーイ」のB面。 リチャード作曲のインストゥルメンタル曲。。

[B-2]
「ライフ・ウィズアウト・ビルディング」:
シングル「ジ・アート・オブ・パーティーズ」のB面。 デヴィッド作曲。

[B-3]
「ザ・ウィドス・オブ・ア・ルーム」:
4曲入りサービス・シングル「孤独な影」のみに収録。 脱退したロブ・ディーン作曲のインスト曲。

SEARCH - 検索サイト

必ず見つかるというわけではないですが、アナログレコード専門検索エンジンってのがありました。

[GENTLEMEN TAKE POLAROIDS] JAPAN(7" single)

UK double-pack singles

gentlemen take polaroids

 1980/10/–– UK

  1. GENTLEMEN TAKE POLAROIDS
  2. THE EXPERIENDE OF SWIMMING
  3. THE WIDTH OF A ROOM
  4. BURNING BRIDGES

top of page

[Break Up ∼ Solo Works]

解散 ∼ ソロ活動の本格化

「錻力の太鼓」は、音楽的評価も、売り上げも順調に伸ばしていた。
ヴァージンでの成功と同時に、前のレーベルであるアリオラ・ハンザも 過去のカタログの再発や、企画盤のリリースを行う。 (後に日本でYMO関係の販売で行われた”アルファ商法”に類似している…。)

そんな順風ともいえる 1981年から82年にかけて、 ジャパンとしての休養と、ソロ活動が宣言される。
メンバー各自の様々な作品がリリースされ、 その後ジャパンとしてのツアーを終了後、解散宣言。
ジャパンはその活動の幕を閉じる。

[ DANCE / Gary Numan ]

[ RICE MUSIC / Masami Tsuchiya ]

[ Ai ga nakucha ne / Akiko Yano ]

[ Bamboo Houses | Bamboo Music / Sylvian-Sakamoto ]

[ TITLES / Mick Karn ]

[ IMMIGRANTS / Sandii & The Sunsetz ]

    1981/09/25
  • ミック参加。ゲイリー・ニューマン「ダンス」日本発売。
  • 1981/11/28
  • ジャパン最高傑作「錻力の太鼓」イギリス発売。
  • 1982/01/02~03/07
    「ジ・アート・オブ・パーティーズ」展が、
    渋谷、札幌、心斎橋で開催される。
    1982/04月
  • シングル「ゴウスツ」イギリス・チャートの5位にランクイン。
  • 1982/06月
  • スティーヴ、高橋幸宏のツアーに参加。
  • 1982/6/21
  • ミックとスティーヴ参加。
    土屋昌巳「ライス・ミュージック」発売
  • 1982/6/25
  • ミック、スティーヴ、デヴィッド参加。
    矢野顕子「愛がなくちゃね」発売
  • 1982/6/25
  • ミック、シングル「センシティブ」イギリス発売。
  • 英:1982/07/30, 日:1982/09/05
  • デヴィッド、坂本龍一とシングル
    「バンブー・ハウス/バンブー・ミュージック」をリリース。
  • 1982/9/21
  • デヴィッド参加。
    サンディー&ザ・サンセッツの「イミグランツ」日本発売。
  • 1982/10/01
  • ジャパン、ヨーロッパツアー開始。
  • 1982/10/05
  • ジャパン、ニューシングル
    [Some Kind of Fool]が発売されるハズだった。
  • (英:1982/11/12、日:1982/11/21)
  • ミック・カーン、ソロアルバム 「心のスケッチ」をリリース。
  • 1982/12/05
  • 来日記念盤「ナイトポーター」発売。
  • 1982/12/08
  • 4度目の来日公演初日。東京日本武道館には豪華ゲスト。
  • 1982/09/16
  • ツアー最終日、名古屋市公会堂。
  • 1982/12/18
  • イギリス帰国。ジャパン活動停止宣言。

MARKET - 購入サイト

[ amazon で購入 ]

Dance 輸入盤
Rice Music 日本盤・高値
愛がなくちゃね。 日本盤
Titles 輸入盤
Immigrants 日本盤

[ TOWER RECORDS で購入 ]

愛がなくちゃね 日本盤
IMMIGRANTS 日本盤

LINK - 関連サイト

CONTENTS - 関連コンテンツ

MICK KARN : THE SOUND OF WAVES

top of page

[ OIL ON CANVAS ]  JAPAN

OIL ON CANVAS / JAPAN

1983/06/05 JAPAN
1983/06/10 UK    

Disc.1

  1. OIL ON CANVAS
  2. SONS OF PIONEERS
  3. GENTLEMEN TAKE POLAROIDS
  4. SWING
  1. CANTONESE BOY
  2. VISIONS OF CHINA
  3. GHOSTS
  4. VOICESRAISED IN WELCOME,
    HANDS HELD IN PRAYER

Disc.2

  1. NIGHTPORTER
  2. STILL LIFE IN MOBILE HOMES
  3. METHODS OF DANCE
  1. QUIET LIFE
  2. THE ART OF PARTIES
  3. CANTON
  4. TEMPLE OF DAWN

Produced by John Punter, Japan

Masami Tsuchiya : guitar, keyboards

[2003 reissue CD]

OIL ON CANVAS / JAPAN

2003/09/15 UK    
2003/11/27 JAPAN

  1. OIL ON CANVAS
  2. SONS OF PIONEERS
  3. GENTLEMEN TAKE POLAROIDS
  4. SWING
  5. CANTONESE BOY
  6. VISIONS OF CHINA
  7. GHOSTS
  8. VOICESRAISED IN WELCOME,HANDS HELD IN PRAYER
  9. NIGHTPORTER
  10. STILL LIFE IN MOBILE HOMES
  11. METHODS OF DANCE
  12. QUIET LIFE
  13. THE ART OF PARTIES
  14. CANTON
  15. TEMPLE OF DAWN
「 JAPAN・メモリアル・ライブ
~オイル・オン・キャンバス 」  ジャパン
  • 1983年06月10日発売(英国盤)
  • 1983年06月05日発売(日本盤)

公式盤としては初のライヴアルバム。 1982年12月27日に、NHK-FMで、武道館公演のライブがオンエアされました。 そして、日程も場所も違えど、何か月も違わないライブを録音したアルバム。 大きなアレンジ違いは無いのが普通です。

だが、「ナイトポーター」を聴いてビックリ! 武道館では、マリンバで始まるアレンジですが、 このアルバムでは、スタジオと同じキーボードで始まるんですよ!

数週間でアレンジを変えなきゃいけない理由ってなんだ? と思っていたら、このライブ・アルバム収録の「ナイトポーター」は、 スタジオ盤にイフェクトを掛けて、ライブ風にしたということです。 「ナイトポーター」録音中にテープにトラブルがあったとか言ってたかな?

CDになると70分、80分でもディスク1枚ですが、 アナログ時代は当然2枚組だし、ダブル・ジャケットだし、重たい。。。 これが、すごく”宝もの”な感じがしていいのですよ! 値段も高いわけですが…。でブックレットなんて付くし。 ジャケットのコーティングの匂いとか、レコードの匂いとかも好きですね。

さて、ライブ盤といえば、前述のラジオ番組を録音した海賊盤は人気でしたね。 3枚組で、10.000円とかしてたので、当然買えなかったですけどね。 エアチェックしたのを何回も聴きましたね~。

真の最終公演…名古屋市公会堂の海賊盤っていうのもありましたね。 あと…最近 Youtube で見つけたんですが、この名古屋公演…テレビ中継あったんですね!

…おっと、ついつい長話をしてしまいました。。。さて、話を本アルバムにもどして(笑) 「ブリキの太鼓」発売時に解散の発表があったわけではないし、 本作品の中にはスタジオ録音の新曲も3曲あることから、 こちらのアイテムこそが「ジャパン解散」 というものを強く意識させてくれる。

1曲目「オイル・オン・キャンバス」はピアノのインストルメンタルで新録音。←これ、カッケー! 作曲、演奏はデヴィッド・シルヴィアン。

8曲目「歓迎の叫び、祈りの手」新録音、インスト。 ディスク1の最後で、幕間を演出させる曲。(CDだと単に真ん中あたりの時間ってだけか…) 作曲、演奏は、デヴィッドとスティーヴ。

ラスト・ナンバー「テンプル・オブ・ドーン」新録音、インスト。 作曲、演奏は、リチャード・バルビエリ。

このアルバムがどうしてもすぐに聴きたくて・・・学校休んだ。 (時効!)

Disc.1

  1. オイル・オン・キャンバス
  2. サンズ・オブ・パイオニアーズ
  3. 孤独な影
  4. スウィング
  1. カントニーズ・ボーイ
  2. ヴィジョンズ・オブ・チャイナ
  3. ゴウスツ
  4. 歓迎の叫び、祈りの手

Disc.2

  1. ナイトポーター
  2. スティル・ライフ・イン・モウビル・ホームズ
  3. メソッズ・オブ・ダンス
  1. クワイエット・ライフ
  2. ジ・アート・オブ・パーティーズ
  3. カントン
  4. テンプル・オブ・ドーン

MARKET - 購入サイト

[ リイシュー 輸入盤 ]

amazon HMV icon TOWER RECORDS

[ リイシュー 日本盤 ]

amazon HMV TOWER RECORDS

[ リマスター紙ジャケ 日本盤 ]

amazon HMV TOWER RECORDS

[ アナログLP 輸入盤 ]

amazon

[ MP3 ダウンロード ]

amazon

[OIL ON CANVAS](VIDEO)

  1. (OVERTURE)
    BURNING BRIDGES
  2. SONS OF PIONEERS
  3. GENTLEMEN TAKE POLAROIDS
  4. SWING
  5. CANTONESE BOY
  6. VISIONS OF CHINA
  7. CANTON
  8. GHOSTS
  9. METHODS OF DANCE
  10. STILL LIFE IN MOBILE HOMES
  11. THE ART OF PARTIES

JAPAN IN CONDCERT “Sons Of Pioneers”1982/12/08 Tokyo

  1. Burning Bridges
  2. Sons Of Pioneers
  3. Alien
  4. Gentlemen Take Polaroids
  5. Swing
  6. Cantonese Boy
  7. Visions Of China
  8. Nightporter
  9. Ghosts
  10. Still Life In Mobile Homes
  11. Methods Of Dance
  12. Quiet Life
  13. European Son
  14. The Art Of Parties
  15. encore

  16. Bamboo Music
  17. Taking Island In Africa
  18. Life In Tokyo
  19. Canton
  20. Good Night

top of page

[ ASSEMBLAGE ]  JAPAN

ASSEMBLAGE / JAPAN

1981/09/11 UK original
1983/08/21 JAPAN    

1983 Japanese Compilation

(SIDE A)

  1. LIFE IN TOKYO (SRECIAL REMIX)
  2. EUROPEAN SON (REMIX)
  3. I SECOND THT EMOTION (EXTENDED REMIX)
  4. QUIET LIFE

(SIDE B)

  1. FALL IN LOVE WITH ME
  2. IN VOGUE (LIVE IN TOKYO)
  3. DEVIATION (LIVE IN TOKYO)
  4. OBSCURE ALTERNATIVES (LIVE IN TOKYO)

Produced by John Punter
except
tr.1 Giorgio Moroder
tr.2 Simon Napier-Bell

1981 European Original Compilation

(SIDE A)

  1. ADOLESCENT SEX
  2. STATE LINE
  3. COMMUNIST CHINA
  4. …RHODESIA
  5. SUBURBAN BERLIN

(SIDE B)

  1. LIFE IN TOKYO
  2. EUROPEAN SON
  3. ALL TOMORROW'S PARTIES
  4. QUIET LIFE
  5. I SECOND THAT EMOTION

Produced by Ray Singer
except
tr.6 Giorgio Moroder
tr.7,8 JAPAN, Simon Napier-Bell
tr.9,10 John Punter

「 アセンブラージュ ∼ JAPAN・アーリーデイズ 」  ジャパン
  • 1981年09月11日発売(英国盤)
  • 1983年08月21日発売(日本独自編集盤)

アリオラ・ハンザ時代のベストだが、日本では発売年も選曲も異なる。 だが、近年CD化されるのは、日本でも欧州盤の選曲だからややこしい。 当時を懐かしみ、紙ジャケ・リマスターを買ったはいいが、 中身の曲が違う…ということが起こるわけである。 でも、最初の日本盤の選曲の方が特殊であって、いたしかたないのか?

まず、オリジナル英国盤は1981年リリース。 売り上げを伸ばすジャパンに、前レーベルのアリオラが企画したベスト。 イギリスでのシングル曲で構成されている。

次に、日本では「アセンブラージュ」というタイトルのベストが、 1983年にリリースされるが、 こちらはアルバム未収録曲を中心としたマニア向け。 タイトルだけを借りてきた・・・という感じなので別物です。 (「オイル・オン・キャンバス」よりも後のリリースなのです。)

オリジナル「アセンブラージュ」の選曲は、 日本盤では、「ザ・シングルズ」の選曲が類似する為、 日本盤「アセンブラージュ」では、 リミックスやライブなどのマニア向けの選曲がされたと思われる。

そして、アリオラは、オリジナルの選曲と日本盤の選曲を 一緒にしたような18曲入りのカセット・テープによる スペシャル・エディションを発表する。…なんか”アルファ商法”ぽい。

ジャケット写真は本来、 「クワイエット・ライフ」12インチ盤として使用されたもの (例の未発表曲フォーリン・プレイスが収録された仕様のもの)

1995年、2004年の再発売では、微妙に選曲が異なり、 同じ「アセンブラージュ」というタイトルでも あらゆるヴァージョンが存在。とてもわかりにくアイテムとなった。

(SIDE A)

  1. ライフ・イン・トウキョウ (SRECIAL REMIX)
  2. ヨーロピアン・サン (REMIX)
  3. セカンド・ザット・エモーション (EXTENDED REMIX)
  4. クワイエット・ライフ

(SIDE B)

  1. フォール・イン・ラブ・ウィズ・ミー
  2. イン・ヴォウグ (LIVE IN TOKYO)
  3. 若き反抗 (LIVE IN TOKYO)
  4. 苦悩の旋律 (LIVE IN TOKYO)

■  アセンブラージュのヴァリエーション

SEARCH - 検索サイト

MARKET - 購入サイト

[ 紙ジャケ日本盤 ]

amazon

[ アナログLP 輸入盤 ]

amazon

YouTube

1983 Reissue U.K.Special Edition Casette Tape

(SIDE A)

  1. ADOLESCENT SEX
  2. STATE LINE
  3. COMMUNIST CHINA
  4. …RHODESIA
  5. SUBURBAN BERLIN
  6. LIFE IN TOKYO
  7. EUROPEAN SON (REMIX)
  8. ALL TOMORROW'S PARTIES (REMIX)
  9. QUIET LIFE
  10. I SECOND THAT EMOTION

(SIDE B)

  1. LIFE IN TOKYO (SPECIAL REMIX)
  2. EUROPEAN SON (EXTENDED REMIX)
  3. I SECOND THAT EMOTION (EXTENDED REMIX)
  4. QUIET LIFE
  5. FALL IN LOVE WITH ME
  6. IN VOGUE (LIVE)
  7. DEVIATION (LIVE)
  8. OBSCURE ALTERNATIVES (LIVE)

top of page

[ EXORCISING GHOSTS ]  JAPAN

EXORCISING GHOSTS / JAPAN

1984/10/01 UK    
1984/12/21 JAPAN

EXORCISING GHOSTS / JAPAN

[2 CD]
1991/04/03 JAPAN

Original 2 Disc Version

Disc.1

  1. METHODS OF DANCE
  2. SWING
  3. GENTLEMEN TAKE POLAROIDS
  4. QUIET LIFE
  1. A FOREIGN PLACE
  2. NIGHTPORTER
  3. MY NEW CAREER
  4. THE OTHER SIDE OF LIFE

Disc.2

  1. VISIONS OF CHINA
  2. TAKING ISLAND IN AFRICA
  3. GHOSTS
  4. SONS OF PIONEERS
  1. VOICESRAISED WELCOME,
    HANDS HELD IN PRAYER
  2. LIFE WITHOUT BUILDINGS
  3. TALKING DRUM
  4. THE ART OF PARTIES

Produced by John Punter
except
C1-D4 JAPAN
C1,C3,C4,D3 Steve Nye

1 Disc Version

  1. METHODS OF DANCE
  2. GENTLEMEN TAKE POLAROIDS
  3. QUIET LIFE
  4. NIGHTPORTER
  5. MY NEW CAREER
  6. THE OTHER SIDE OF LIFE
  7. VISIONS OF CHINA
  8. GHOSTS
  9. LIFE WITHOUT BUILDINGS
  10. TALKING DRUM
  11. THE ART OF PARTIES

Produced by John Punter
except
tr.7-11 JAPAN
tr.7,8,10 Steve Nye

「 エクソサイジング・ゴウスツ
  –THE BEST OF JAPAN– 」  ジャパン
  • 1984年11月26日発売(英国盤)
  • 1984年12月21日発売(日本盤)

ヴァージン時代から初のベスト・アルバム。 アリオラ時代の「クワイエット・ライフ」からも2曲収録。 さらにアリオラ時代のアルバム未収録 「フォーリン・プレイス」が今回の目玉! この曲は当時輸入盤12インチ「クワイエット・ライフ」 のB面で聴くのが定番だった。

もうひとつの聴きどころは、 それまで輸入シングル「孤独な影」4曲入りスペシャル盤か、 来日記念盤「ナイトポーター」で聴くしかなかった、 「ライフ・ウィズアウト・ビルディング」の収録。

オリジナルはこのアナログ2枚組の仕様。 初CD化の際は11曲収録の1枚仕様だった。 この時期のCDというのは、 どうしても1枚に収めてしまおうという傾向があるのだろうか。 シルヴィアンの「遙かなる大地へ」もアナログ2枚組が CDでは短縮版1枚ものになっている。

CDも普及しだした1991年には、あらためて2枚組仕様のnCDが日本盤でリリースされる。 だが、1995年に再発された日本盤の2枚組仕様を最後に、 本作品は1枚組の輸入盤でしか入手できなくなってしまう。 現在、16曲収録の2枚組仕様は中古盤を探すことになる。

いろんな選曲のベスト盤も後に発売されていくが、 本作の発表時には、各メンバーの活動も軌道にのって来たことと、 ラッセル・ミルズのデザインによるジャケットなどから、 レコード会社主導の廉価版的なベスト盤とは一線を画す印象がある。 それだけに2枚組盤が入手困難のままであることが残念である。

Disc.1

  1. メソッズ・オブ・ダンス
  2. スウィング
  3. 孤独な影
  4. クワイエット・ライフ
  1. フォーリン・プレイス
  2. ナイトポーター
  3. マイ・ニュー・カリアー
  4. ジ・アザー・サイド・オブ・ライフ

Disc.2

  1. ヴィジョンズ・オブ・チャイナ
  2. アイランズ・イン・アフリカ
  3. ゴウスツ
  4. サンズ・オブ・パイオニアーズ
  1. 歓迎の叫び、祈りの手
  2. ライフ・ウィズアウト・ビルディングス
  3. トーキング・ドラム
  4. ジ・アート・オブ・パーティーズ

exorcising ghosts

exorcising ghosts

MARKET - 購入サイト

[ 1993年日本盤 2枚組 ]

amazon

[ 輸入盤 1枚組11曲 ]

amazon HMV TOWER RECORDS

[ MP3 ダウンロード ]

amazon

top of page

[ PROPHETIQUE (JAPAN 1978~1980) ]  JAPAN

PROPHETIQUE / JAPAN

(BOX)

1993/08/04
japan only

Disc.1
[ ADOLESCENT SEX ]

Disc.2
[ OBSCURE ALTERNATIVES ]

Disc.3
[ QUIET LIFE ]

Disc.4
[ BONUS DISC ]

Disc.4 [ BONUS DISC ]

  1. STATELINE
  2. LIFE IN TOKYO
  3. I SECOND THAT EMOTION
  4. EUROPEAN SON

Produced by

  1. Ray Singer
  2. Giorgio Moroder
  3. John Punter
  4. JAPAN, Simon Napier-Bell
「 プロフェティーク 」  ジャパン
  • 1993年08月04日発売(日本盤のみ)

日本では、長らくCD化されなかったアリオラ時代のアルバム3枚と シングル集を加えてボックスセットにしての発売。日本盤のみ。 中古盤屋さんのイベントなんかに行くとよくみかけるので、 お探しの方は、そういうイベントに参加されるといいと思います。

とにかく豪華で、ファンには必須アイテム! アルバム未収録曲を集めたボーナスディスク。 写真集仕様のブックレット。 幸宏さん、SUGIZO、YOU、HIDEなどアーティストからのメッセージ。 さらにCDだけを収納するための組み立てボックスまで!

ちなみにジャパン解散時(1982頃)に ビクター音楽産業からアナログでの ボックスセットの予約受付があったのですが、 お金のない私は予約しなかったので詳しい事は知りません。 実際に発売されたという話を聞かないところをみると中止でしょうか。 あるいは、セットではなく分売の再発になったのかな?

「プロフェティーク」セット内容1
「プロフェティーク」セット内容2

MARKET - 購入サイト

[ amazon で購入 ]
 (4CD-BOX 日本盤)

プロフェティークJAPAN 1978~1980

top of page

[ ASSEMBLAGE (2CD Rare Disc) ]  JAPAN

ASSEMBLAGE / JAPAN

1995/03/24 JAPAN

ASSEMBLAGE(2CD) / JAPAN

(inner booklet)

1995 – 2 Disc version

Disc.1

  1. ADOLESCENT SEX
  2. STATE LINE
  3. COMMUNIST CHINA
  4. …RHODESIA
  5. SUBURBAN BERLIN
  6. LIFE IN TOKYO
  7. EUROPEAN SON
  8. ALL TOMORROW'S PARTIES
  9. QUIET LIFE
  10. I SECOND THAT EMOTION

Disc.2

  1. LIFE IN TOKYO (PART 2)
  2. IN VOGUE (LIVE VERSION)
  3. DEVIATION (LIVE VERSION)
  4. OBSCURE ALTERNATIVES (LIVE VERSION)
  5. SOMETIMES I FEEL SO LOW (LIVE VERSION)
  6. LIFE IN TOKYO (THEME)
  7. ALL TOMORROW'S PARTIES
    (1983 REMIX)
  8. I SECOND THAT EMOTION
    (EXTENDED REMIX)
  9. LIFE IN TOKYO (LONG VERSION)

Disc.1
Produced by
Ray Singer (tr.1-5)
Giorgio Moroder (tr.6)
Simon Napier-Bell (tr.7 8)
John Punter (tr.9 10)

Disc.2
Produced by
Giorgio Moroder (tr.1 6 9)
John Punter (tr.2 8)
Ray Singer (tr.3-5)
Simon Napier-Bell, JAPAN (tr.7)

「 アセンブラージュ 」
(レア・ディスク付 2枚組)  ジャパン
  • 1995年03月24日発売(日本盤)

BMGビクターが、アリオラ時代のCD化に着手し、 まずはボックス仕様の「プロフェティーク」。 続いて、単品での各アルバム発売。 そして、未発表テイクを含む2枚組仕様とした ベスト・アルバム「アセンブラージュ」の再発売。 かつての邦題から変更された曲名がいくつか見られる。

オリジナル・アルバムを揃えた後、 「フォーリン・プレイス」、「サム・カインド・オブ・フール」 と本作を揃えれば、アリオラ時代の音源はほぼ網羅されます。 (完璧をめざせばキリがないのですが、ほぼ完璧。)

世界初CD化5曲…

  • [LIFE IN TOKYO (PART 2)]、
    …シングル[LIFE IN TOKYO]のB面。
  • [LIFE IN TOKYO (THEME)]、
    …シングル[LIFE IN TOKYO
    (EXTENDED REMIX)]のB面。
  • [ALL TOMORROW'S PARTIES
    (1983 REMIX)]
  • [I SECOND THAT EMOTION
    (EXTENDED REMIX)]
  • [LIFE IN TOKYO (LONG VERSION)]、
    オリジナルとはテイク自体が異なる、
    12インチ・シングル。

ベスト盤によく取り上げられる、東京でのライヴは、 1980年にドイツ、オランダ、ベルギーのみで発売された12インチ・シングル [LIVE IN JAPAN]に収録されている。1980年3月の来日公演から録音。

Disc.1

  1. 果てしなき反抗
  2. ステイト・ライン
  3. コミュニスト・チャイナ
  4. ローデシア
  5. 郊外ベルリン
  6. ライフ・イン・トウキョウ
  7. ヨーロピアン・サン
  8. オール・トゥモロウズ・パーティーズ
  9. クワイエット・
  10. セカンド・ザット・エモーション

Disc.2

  1. ライフ・イン・トウキョウ (パート 2)
  2. イン・ヴォーグ (ライヴ・ヴァージョン)
  3. ディーヴィエイション (ライヴ・ヴァージョン)
  4. 苦悩の旋律 (ライヴ・ヴァージョン)
  5. 孤独な安らぎ (ライヴ・ヴァージョン)
  6. ライフ・イン・トウキョウ (テーマ)
  7. オール・トゥモロウズ・パーティーズ
    (1983 リミックス)
  8. セカンド・ザット・エモーション
    (エクステンデッド・リミックス)
  9. ライフ・イン・トウキョウ
    (ロング・ヴァージョン)
「アセンブラージュ」リマスター版のセット内容

MARKET - 購入サイト

[ amazon で購入 ]
 (1995日本盤・2枚組)

アセンブラージュ

Import Analogue Records

2010年にリリースされた初期3枚の限定アナログ盤には、 アセンブラージュに収録されていたような、 アリオラ時代の各種ヴァージョンが各々のボーナスディスクに収録されている。(輸入盤)

[ HMV で購入 ]
 (アナログ 限定輸入盤)

Adolescent Sex

Obscure Alternatives

Quiet Life

[ TOWER RECORDS で購入 ]
 (アナログ 限定輸入盤)

Adolescent Sex

Obscure Alternatives

Quiet Life

top of page

[ TIN DRUM (2003 REMASTERED 2CD) ]  JAPAN

TIN DRUM (REMASTERED 2CD) / JAPAN

(box)

2003/09/15 UK    
2003/11/27 JAPAN

Disc.1 [TIN DRUM]

TIN DRUM (REMASTERED) / JAPAN

  1. THE ART OF PARTIES
  2. TALKING DRUM
  3. GHOSTS
  4. CANTON
  5. STILL LIFE IN MOBILE HOMES
  6. VISIONS OF CHINA
  7. SONS OF PIONEERS
  8. CANTONESE BOY

Produced by Steve Nye, JAPAN

Disc.2
[THE ART OF PARTIES]

THE ART OF PARTIES / JAPAN

  1. THE ART OF PARTIES
    (SINGLE VERSION)
  2. LIFE WITHOUT BUILDINGS
  3. THE ART OF PARTIES
    (LIVE '81)
  4. GHOSTS
    (SINGLE VERSION)
「 錻力の太鼓 」
(2003年リマスター盤 2枚組)  ジャパン
  • 2003年09月15日(英国盤)
  • 2003年11月27日(日本盤)

デジパック仕様のオリジナル・アルバム「錻力の太鼓」と、 紙ジャケ使用の「The Art Of Parties」というシングル集の2枚組。 更にその2枚を収めるボックスが付いた豪華仕様。

更なるプレゼントとばかりに写真集仕様のブックレット。 こちらは半分くらいはフィン・コステロが1982年のツアーに同行して撮影した 写真集「SONS OF PIONEERS」からのもの。

このボーナスディスクに収められた「アート・オブ・パーティーズ」は、 シングル・ヴァージョン。アルバムヴァージョンとのアレンジの違いが大きい曲。 「ゴウスツ」もシングル・ヴァージョンで、アルバムより収録時間の短い ショート・ヴァージョン。

「ライフ・ウィズアウト・ビルディングス」は、 英国盤シングル「アート・オブ・パーティーズ」のB面で、アルバムには未収録。

良いことずくめのこのアイテム… パッケージそのものはお宝感たっぷりで魅力的ですが、 2003年の日本盤は、悪名高きコピーコントロールCD(CCCD)です。 ”デジタル・コピーできない”以前に、 機器によっては再生できないという本末転倒なアイテム。 輸入盤の2枚組ヴァージョンをおススメ・・・ですが、今やどちらもプレミア。

Disc.1

  1. ジ・アート・オブ・パーティーズ
  2. トーキング・ドラム
  3. ゴウスツ
  4. カントン
  5. スティル・ライフ・イン・モウビル・ホームズ
  6. ヴィジョンズ・オブ・チャイナ
  7. サンズ・オブ・パイオニアーズ
  8. カントニーズ・ボーイ

Disc.2

  1. ジ・アート・オブ・パーティーズ
    (シングル・ヴァージョン)
  2. ライフ・ウィズアウト・ビルディングス
  3. ジ・アート・オブ・パーティーズ (ライヴ)
  4. ゴウスツ (シングル・ヴァージョン)
「錻力の太鼓」リイシュー盤のセット内容

MARKET - 購入サイト

[ amazon で購入 ]
 (輸入盤、限定盤 2CD、高値)

Tin Drum [LIMITED EDITION] [ORIGINAL RECORDING REMASTERED]

top of page

[ ASSEMBLAGE (upgrades) ]  JAPAN

ASSEMBLAGE / JAPAN

2004/09/22 JAPAN

  1. ADOLESCENT SEX
  2. STATE LINE
  3. COMMUNIST CHINA
  4. …RHODESIA
  5. SUBURBAN BERLIN
  6. LIFE IN TOKYO
  7. EUROPEAN SON
  8. ALL TOMORROW'S PARTIES
  9. QUIET LIFE
  10. I SECOND THAT EMOTION

BONUS TRUCK

  1. EUROPEAN SON
    (JOHN PUNTER 12"MIX)
  2. I SECOND THAT EMOTION
    (12"VERSION)
  3. LIFE IN TOKYO
    (PART 1 SPECIAL REMIX)
  4. LIFE IN TOKYO
    (1982 REMIX)

ENHANCED BONUS VIDEO
(upgrades CD 2004/09/22)

  1. I SECOND THAT EMOTION
  2. LIFE IN TOKYO

Produced by
Ray Singer (tr.1-5)
Giorgio Moroder (tr.6)
Simon Napier-Bell (tr.7 8)
John Punter (tr.9 10)

[ Bonus truck ]
Produced by
Giorgio Moroder (tr.13 14)
John Punter (tr.12)
Simon Napier-Bell, JAPAN (tr.11)

「 アセンブラージュ 」
(アップグレード盤:エンハンストCD)
  ジャパン
  • 2004年09月22日発売(日本盤)

2004年新装版。アリオラ時代のベスト盤「アセンブラージュ」 にボーナストラックや、プロモ映像を追加して発売された豪華版。

「ライフ・イン・トウキョウ」のPVが観れます。
(2001年リリースの "JAPAN VIDEO HITS" にさえ未収録)

この「ライフ・イン・トウキョウ」の映像では、ミックはフレッテッドなベースですが、 ボーナストラックのスペシャルリミックスは、 フレットレスが ”ぶおんぶおん”でかっくいい! (オリジナルヴァージョンはリズムキープなプレイだったので…。) このヴァージョンのベースとコーラスのパートは 録り直されてるみたいです。ぜびご一聴!

「ライフ・イン・トウキョウ」好きなファンには嬉しいアイテムです!

なお、初期3枚もそれぞれボーナストラックやPVを追加して再発売。 それぞれのアルバム紹介に曲目追加を書きました。 ( upgrades版4枚を揃えたら、 DVD “ JAPAN VIDEO HITS ” に収録されている映像は全部観れますね。)

  1. 果てしなき反抗
  2. ステイト・ライン
  3. コミュニスト・チャイナ
  4. ローデシア
  5. 郊外ベルリン
  6. ライフ・イン・トウキョウ
  7. ヨーロピアン・サン
  8. オール・トゥモロウズ・パーティーズ
  9. クワイエット・
  10. セカンド・ザット・エモーション

ボーナス・トラック

  1. ヨーロピアン・サン(ジョン・パンター・12"ミックス)
  2. セカンド・ザット・エモーション(12"ヴァージョン)
  3. ライフ・イン・トウキョウ
    (パート1 スペシャル・リミックス)
  4. ライフ・イン・トウキョウ(1982リミックス)

ボーナス・ビデオ(エンハンスド)

  1. セカンド・ザット・エモーション
  2. ライフ・イン・トウキョウ

MARKET - 購入サイト

[ upgrades 輸入盤 ]

amazon HMV icon TOWER RECORDS

[ upgrades 紙ジャケ日本盤 ]

HMV

top of page

[ JAPAN / THE VERY BEST OF ]  JAPAN

THE VERY BEST OF / JAPAN

2006/03/29 UK    
2006/05/19 JAPAN

  1. GHOSTS (Single Version)
  2. I SECOND THAT EMOTION
    (Single Mix)
  3. QUIET LIFE (7" Version)
  4. GENTLEMEN TAKE POLAROIDS
  5. THE ART OF PARTIES
    (Single Version)
  6. VISIONS OF CHINA
  7. TAKING ISLANDS IN AFRICA
    (Steve Nye Remix)
  8. EUROPEAN SON (Single Mix)
  9. CANTONESE BOY
  10. LIFE IN TOKYO - Part 1
    (Special Remix)
  11. NIGHTPORTER
  12. METHODS OF DANCE
  13. ALL TOMORROW'S PARTIES
    (7" Version)
  14. CANTON(Live)
  15. GHOSTS (Album Version)

Produced by

Steve Nye, Japan (1,5,6,9,15)
John Punter (2,3,4,7,11,12)
John Punter, Japan (14)
Giorgio Moroder (10)
Simon Napier-Bell(8,13)

「ザ・ヴェリー・ベスト・オブ」
(シングル・ヴァージョン集) ジャパン
  • 2006年03月29日発売(英国盤)
  • 2006年05月19日発売(日本盤)

アルバムと異なるミックスのシングルを中心に集めたベスト。 レアという程ではないが、オリジナル・アルバム以外に たくさんのアイテムを集めなくても、 本作品があれば、かなりのジャパンの音源が補完できる。

アリオラから5曲、ヴァージンから10曲という、 両方のレーベルから選曲されている珍しいアイテム。 (ヴァージンのベストに2曲くらい アリオラの曲も収録とかはあったけど…)

ヴァージン時代の音源は、 2003年にデジタル・リマスタ-された音源。 (2003年の再発のボーナストラックなどでも聴ける。) アルバムとかなり印象の異なるミックスもあるので、 オリジナル・アルバムだけ持ってる方は、ぜびご一聴!

なお、 同タイトルのDVDも同時発売。ともに日本盤未発売、 …だったけど、・・・でもでも・・・じつはじつはで・・・ 5月に東芝EMIより日本盤発売されました。

  1. ゴウスツ(シングル・ヴァージョン)
  2. セカンド・ザット・エモーション
    (シングル・ミックス)
  3. クワイエット・ライフ(7インチ・ヴァージョン)
  4. 孤独な影
  5. ジ・アート・オブ・パーティーズ
    (シングル・ヴァージョン)
  6. ヴィジョンズ・オブ・チャイナ
  7. テイキング・アイランズ・イン・アフリカ
    (スティーブ・ナイ・リミックス)
  8. ヨーロピアン・サン(シングル・ミックス)
  9. カントニーズ・ボーイ
  10. ライフ・イン・トウキョー-パート1
    (スペシャル・リミックス)
  11. ナイトポーター
  12. メソッズ・オブ・ダンス
  13. オール・トゥモロウズ・パーティーズ
    (7インチ・ヴァージョン)
  14. カントン(ライヴ)
  15. ゴウスツ(アルバム・ヴァージョン)

MARKET - 購入サイト

[ 輸入盤 ]

amazon HMV icon TOWER RECORDS

[ 日本盤 ]

amazon

top of page

[ GENTLEMEN TAKE POLAROIDS ]
(2018 Half speed mastering 45rpm 2LP)  JAPAN

GENTLEMEN TAKE POLAROIDS (2018 Halfspeed mastering 45rpm 2LP)

2018/08/24 UK

Produced by John Punter

half speed mastering:
Miles Showell

日本盤未発売
  • 2018年08月24日(英国盤)

1980年リリースのジャパンのヴァージン移籍で新たな展開を迎えたアルバム [GENTLEMEN TAKE POLAROIDS] を45回転アナログ盤でリリース。 180g重量盤2枚組限定ヴァイナル。 帯とアビイ・ロード・スタジオの証明書付き。 現在の技術で甦る、新たなアナログ盤の登場に更なる感動を期待。 現在、輸入盤のみだが、日本盤の登場にも期待したいところ。 次作 [TIN DRUM] も同時発売。

MARKET - 購入サイト

[ 輸入盤 ]

amazon HMV TOWER RECORDS

top of page

[ TIN DRUM ]
(2018 Half speed mastering 45rpm 2LP)  JAPAN

TIN DRUM (2018 Halfspeed mastering 45rpm 2LP)

2018/08/24 UK

Produced by
Steve Nye, JAPAN

half speed mastering:
Miles Showell

日本盤未発売
  • 2018年08月24日(英国盤)

1981年リリースのジャパンの最高傑作 [TIN DRUM] を45回転アナログ盤でリリース。 180g重量盤2枚組限定ヴァイナル。 帯とアビイ・ロード・スタジオの証明書付き。 現在の技術で甦る、新たなアナログ盤の登場に更なる感動を期待。 現在、輸入盤のみだが、日本盤の登場にも期待したいところ。 前作 [GENTLEMEN TAKE PORALOIDS] も同時発売。

MARKET - 購入サイト

[ 輸入盤 ]

amazon HMV TOWER RECORDS

top of page

[Solo Projects]

ソロ・プロジェクト ∼ ジャパン解散前後の作品

前項と話題が重なるが、
ジャパン活動中のソロ・プロジェクトと 解散直後の本格的ソロへの移行期に発表された作品を紹介。
ジャパン・サウンドを継承した”Another JAPAN”といえる作品群。
いくつかのアイテムは、入手困難となっている。

YMO周辺のミュージシャンたちとの共演。

[写真上]:左から

細野晴臣、立花ハジメ、高橋幸宏、
スティーヴ・ジャンセン、
デヴィッド・シルヴィアン、
土屋昌巳、ピエール・バルー

[写真下]:左から

前列:坂本龍一、ミック・カーン、
後列左:高橋幸宏、細野晴臣、
スティーヴ・ジャンセン、
後列右:デヴィッド・シルヴィアン、
リチャード・バルビエリ

MARKET - 購入サイト

[ amazon で購入 ]
 (紙ジャケット日本盤)
-----2008/07/02

孤独な影

錻力の太鼓

オイル・オン・キャンヴァス

[ amazon で購入 ]
 (MP3 ダウンロード)

Gentlemen Take Polaroids

Tin Drum

Oil On Canvas

Exorcising Ghosts

top of page

[ BAMBOO HOUSES / BAMBOO MUSIC ]  SYLVIAN–SAKAMOTO

bamboo houses bamboo music

1982/07/30 UK    
1982/09/05 JAPAN

(SIDE A)

  1. BAMBOO HOUSES

(SIDE B)

  1. BAMBOO MUSIC

David Sylvian :
keyboards, programming, vocals

Riuichi Sakamoto :
keyboards, programming, mc4, marimba, vocals

Steve Jansen :
percussion, electric percussion, keyboards

Produced by
Sylvian-Sakamoto-Nye

Composed and arranged by
Sylvian-Sakamoto

Mixed by
Nye-Sylvian

Engineered by
Steve Nye

「 バンブー・ハウス」「バンブー・ミュージック」
デヴィッド・シルビアン・アンド・リュウイチ・サカモト
  • 1982年07月30日発売(英国盤)
  • 1982年09月10日発売(日本盤)

デヴィッドと教授の傑作シングル!!
両A面。ドラムは、スティーヴ・ジャンセン。
バンブー・ミュージックは、ジャパンの武道館公演でも披露された。

日本では、アナログ7インチ盤しか発売されていないが、 イギリスではアナログ12インチ盤も発売されている。 なおCD化されているのは、「禁じられた色彩(FORBIDDEN COLOURS)」 と題されたミニ・アルバム。

時を越え、常に評価の高い本作。ソロ・ワークの編集盤に収録されることも多い。 さらに2015年には限定盤として、ジャケットを新装されたアナログ盤として復刻されている。

MARKET - 購入サイト

FORBIDDEN COLOURS
  (mini album)

[ 日本盤 ]

amazon TOWER RECORDS

YouTube

top of page

[ TITLES ]  MICK KARN

titles / mick karn

1982/11/12 UK    
1982/11/21 JAPAN

(SIDE A)

  1. TRIBAL DAWN
  2. LOST AFFECTIONS IN A ROOM
  3. PASSION IN MOISTURE
  4. WEATHER THE WINDMILL

(SIDE B)

  1. SAVIOUR, ARE YOU WITH ME?
  2. TRUST ME
  3. SENSITIVE
  4. PIPER BLUE

(bonus track on CD)

  1. THE SOUND OF WAVES

Produced by
Mick Karn & Colin Fairley

except [SENSITIVE]:
Mick Karn & Rick Wilde

Mick Karn,
Steve Jansen,
Richard Barbieri,
Colin Fairley,
Angie Usher,
Hugh Burns,
David Rhodes,
Ricky Wilde

「心のスケッチ」  ミック・カーン
  • 1982年11月12日発売(英国盤)
  • 1982年11月21日発売(日本盤)

メンバー初のソロアルバムとなったのは、ミック!!
キム・ワイルドの弟でプロデューサーでもあるリッキー・ワイルド を迎えたシングル「センシティヴ」が先行発売(英国盤。) A面インスト・サイド、B面ヴォーカル・サイド。

「神よ、我と共に」に参加したアンジー・アッシャーは、 この時期ミックとの共演のある、元デヴィッド・ボウィ夫人のアンジー・ボウィと思われるが、、 アンジー・ボウィの本名は、Angela Usher ではなく、Mary Angela Barnettであるため、 同一人物であるかは不安が残る。アンジー・ボウィは、ミックとは同郷のキプロス生まれ。 ミックの長年の友人。

(SIDE A)

  1. トライバル・ドーン
  2. 憂いの部屋
  3. 熱き想い
  4. 風雪の日々

(SIDE B)

  1. 神よ、我と共に
  2. トラスト・ミー
  3. センシティヴ
  4. パイパー・ブルー

(bonus track on CD)

  1. ザ・サウンド・オブ・ウェイブズ

アルバム未収録、アンジー・ボウィとミックの共演

LINK - 関連サイト

MARKET - 購入サイト

[ amazon で購入 ]
 (輸入盤)

Titles / Mick Karn

[ amazon で購入 ]
 (日本盤)

タイトルズ

YouTube

[SENSITIVE]  single

センシティヴ
(リミックス・ヴァージョン)
/ ミック・カーン

sensitive
  1982/––/–– JAPAN

(side.A)
1. SENSITIVE (REMIXED)

(side.B)
1. THE SOUND OF WAVES

Sensitive / Mick Karn

sensitive
  1982/06/25 UK

(side.A)
1. SENSITIVE

(side.B)
1. THE SOUND OF WAVES

top of page

[ FORBIDDEN COLOURS ]  SYLVIAN–SAKAMOTO

forbidden colours

1983/04/05 UK    
1983/04/05 JAPAN

(SIDE A)

  1. FORBIDDEN COLOURS

(SIDE B)

  1. THE SEED AND THE SOWER (Ryuichi Sakamoto)

Vocal version of the theme from the film ‘ Merry Christmas Mr Lawrence ’

Words by David Sylvian
Music by Ryuichi Sakamoto

「禁じられた色彩」
  リュウイチ・サカモト&
  デヴィッド・シルビアン
  • 1983年04月05日発売(日本盤)サントラ:4/21
  • 1983年06月24日発売(英国盤)サントラ:8/30

大島渚監督、坂本龍一音楽、坂本龍一・デヴィッド・ボウィ、 ビートたけし、トム・コンティ出演の映画「戦場のメリークリスマス」のテーマ にヴォーカルを付けた「禁じられた色彩」。

当初は、この曲のリミックス・ヴァージョンを アルバム「ブリリアント・トリーズ」に収録のプランもあったが、 最終的には、シングル「レッド・ギター」の裏面に落ち着いた。

映画は、日本とイギリス、オーストラリア、ニュージーランドの合作で、 日本のみならず、世界各地で上映された。 この映画の音楽を手がけることで、坂本龍一は映画音楽の分野で活躍するキッカケを作り、 この後、ビートたけしは、役者としてだけでなく、 映画演出にも関心を持ち、監督進出し成功することになる。

MARKET - 購入サイト

FORBIDDEN COLOURS
  (mini album)

[ 日本盤 ]

amazon TOWER RECORDS

Original Soundtrack Album

Merry Christmas Mr. Lawrence / Ryuichi Sakamoto

Merry Christmas Mr.Laurence
  1983/04/05 UK
  1983/06/24 JAPAN
  2013/11/27 30th aniv.

[ amazon ]
戦場のメリークリスマス-30th Anniversary Edition- SHMCD

WIKIPEDIA

top of page

[ AFTER A FASHION ]  MIDGE URE & MICK KARN

titles / mick karn

1983/07/08 UK    
1983/09/01 JAPAN

(SIDE A)

  1. AFTER A FASHION
  2. AFTER A FASHION Extended Version

(SIDE B)

  1. TEXTURES

Produced and Written,
Peformed by
MIDGE URE , MICK KARN

Engineered by John Hudson
Photograph: Linda McCartney

「アフター・ア・ファッション」
  ミッジ・ユーロ & ミック・カーン
  • 1983年07月08日発売(英国盤)
  • 1983年09月01日発売(日本盤)

82年に行われたプリンス・トラストのセッション で意気投合したミッジ・ユーロとのコラボレーション。 この後のプリンス・トラストにも二人は参加。

ミッジ・ユーロは、1979年からウルトラボックスの中心人物。 ミッジのセンスとヴォーカルは、ミックのベースと相性がよく、 個性を強く主張してるのに、絶妙のバランス。

この後、ミッジはソロ・アルバムにもミックを招いたり、 ジャンセン・バルビエリ・カーンをゲストにソロを制作したり、 ミックが亡くなるまでいい関係であったらしい。

イギリスでは、7インチと12インチで発売されたが、 日本では、7インチ盤は発売されなかった。 もちろん12インチ盤に7インチ盤に収録のヴァージョンも収録されている。 単独でのCD化はされてないが、ミッジ・ユーロのベスト盤のいくつかに 収録されている。

本作の収録曲は、 1曲目は、シングル・ヴァージョン。 2曲目は、ロング・ヴァージョン。 B面は、3分弱のインストゥルメンタル。

ジャケット写真の撮影は、リンダ・マッカートニー。

[ AFTER A FASHION ] (PV)

MARKET - 購入サイト

[ amazon で購入 ]
 (MP3 DL)

After a Fashion (MP3)

LINK - 関連サイト

SEARCH - 検索サイト

[ NO REGRETS ]
THE VERY BEST OF MIDGE URE

[ amazon で購入 ]
 (輸入盤)

 2000/08/26 UK

[AFTER A FASHION],[TEXTURES]
が聴けるミッジのベスト盤。 ミックは参加していないミッジのソロ・ライブ・ヴァージョンの[AFTER A FASHION]も収録。

No Regrets-
Very Best of Midge Ure

top of page

[ WORLD IN A SMALL ROOM ] JANSEN · BARBIERI

world in a small room / jansen-barbieri

1985/02/21 JAPAN

world in a small room / jansen-barbieri

1986/––/–– UK    

(SIDE A)

  1. BREAKING THE SILENCE
  2. TOYS
  3. BLUE LINES
  4. MISSION

(SIDE B)

  1. THE WAY THE LIGHT FALLS
  2. BALANCE
  3. MOVING CIRCLES
  4. DISTANCE FIRE

– bonus track for japan –

  1. MOVE IN CIRCLES

Produced,
mixed, and performed by
Jansen-Barbieri

Vocal on [MOVE IN CIRCLES]
by Steve Jansen

「未知への空間」  ジャンセン / バルビエリ
  • 1985年02月21日発売(日本盤)
  • 1986年––月––日発売(英国盤)

ビクター音楽産業が企画したビデオ作品「未知への空間」 のサウンドトラック。ラストはスティーヴのヴォーカル曲。 アナログ日本盤の中古が一番入手しやすい。 CDは3.200円時代のものの初回プレスのみ存在する。

日本の企画盤で、日本盤のみリリースだったが、、 翌1986年にイギリス盤がジャケット違いでリリースされている。 こちらはスティーブがヴォーカルの9曲目は収録されていない。

また後に、このアルバムから数曲セレクトし、新曲と一緒にパックしたアルバム [OTHER WORLD IN A SMALL ROOM]が1995年に英国盤でリリースされている。

(SIDE A)

  1. ブレイキング・ザ・サイレンス
  2. トーイズ
  3. ブルー・ラインズ
  4. ミッション

(SIDE B)

  1. ザ・ウェイ・ザ・ライト・フォールズ
  2. バランス
  3. ムービング・サークルズ
  4. ディスタンス・ファイア

– bonus track for japan –

  1. ムーブ・イン・サークルズ

SEARCH - 検索サイト

Other World In A Small Room

[Other World In A Small Room] Steve Jansen and Richard Barbieri

(輸入盤、1995年編集盤 高値)


  1995/––/–– UK

A-1,A-3,B-1,B-4のみ収録。
他は3曲の新曲。

[ amazon ]
Other Worlds in a Small Room

YouTube

top of page

[ CATCH THE FALL ]  THE DOLPHIN BROTHERS

catch the fall / the dolphin brothers

[LP, CD]
1987/08/–– UK,JAPAN

catch the fall / the dolphin brothers

[CD include Face To Face]
1988/02/21 JAPAN

(SIDE A)

  1. CATCH THE FALL
  2. SHINING
  3. SECOND SIGHT
  4. LOVE THAT YOU NEED

(SIDE B)

  1. REAL LIFE, REAL ANSWERS
  2. HOST TO THE HOLY
  3. MY WINTER
  4. PUSHING THE RIVER

– bonus track 1988 –

  1. FACE TO FACE

Produced,
and arranged by
Jansen-Barbieri-Iio

「キャッチ・ザ・フォール」
  ドルフィン・ブラザーズ
  • 1987年08月(8曲入りアナログ日本盤、英国盤)
  • 1988年02月21日発売(9曲入りCD・日本盤)

アンビエント作品を発表したジャンセン・バルビエリが、 ヴォーカル・アルバムを制作するにあたり、別名プロジェクト 「ドルフィン・ブラザーズ」名義でアルバムを制作。 企画段階では「グレー・スケール」名義。

共同プロデュースには、飯尾芳史氏。 8曲入りアナログ盤のリリースを経て、ボーナストラックに 三菱電機のCM曲であった「フェイス・トゥ・フェイス」を追加し、 帯には「キャッチ・ザ・フォール/フェイス・トゥ・フェイス」のタイトル。 9曲入りCDとして再リリースとなった。

丁寧な作りのポップ・ソング・アルバムとなった本作は、 ジャパンのキャッチーな一面を増幅させたようなアルバム。 後期ジャパンの目指す路線とは異なるが、 メイン・ストリームでの活躍を期待したファンも多いのでは。 しかし、スティーブとリッチは、結局本来ジャパンが目指したであろう アンビエント・ポップな方向性に向かう。

(SIDE A)

  1. キャッチ・ザ・フォール
  2. シャイニング
  3. セカンド・サイト
  4. ラブ・ザット・ユー・ニード

(SIDE B)

  1. リアル・ライフ、リアル・アンサーズ
  2. ホスト・トゥ・ザ・ホーリー
  3. マイ・ウィンター
  4. プッシング・ザ・リバー

– bonus track 1988 –

  1. フェイス・トゥ・フェイス

MARKET - 購入サイト

[ amazon で購入 ]
 (輸入盤、ボーナストラック無し)

Catch the Fall

YouTube

[SHINING(Am Ex Mix)]  12"single

SHINING(Am Ex Mix)
  1987/––/–– UK

(side.A)
1. SHINING(Am Ex Mix)
Remix:John ‘Tokes’ Potoker

(side.B)
1. SHINING
2. MY WINTER

top of page

Another takeuta's web site